プレゼンターは高橋茂雄さん(サバンナ)。

a1

今回はよそでは絶対やっていない、斬新すぎる企画。

a2

ホントドッキリ?

a3

ドッキリ番組と言えば、最後のネタばらしでテッテッレ~♪の音楽とともに「ドッキリ大成功」の札を持った人が出ててくる。

a4

それを見て仕掛けられた人はドッキリだったことを知り、怒りつつもホッとする。

a5

でも、これがもしドッキリではなくてホントだったら…。

a6

今回スタッフは特殊なルートで各週刊誌をリサーチ。

a7

ある人物のゴシップが記事になるという情報を入手。

a8

その人物が、「ホント!!」を食らいます。

a9

この企画に必要なのは、まず芸能人のリアルなゴシップ。

a11

スタッフが聞き込み調査をしたところ、「週刊女性」が近々ある芸人についての記事を書く予定だということがわかった。

a10

その芸人とは、三四郎の小宮。

a12

事務所ライブに出る小宮を「週刊女性」の記者が直撃インタビューをするというので、その様子を撮影させてもらう。

a13

週刊女性、小宮に突撃。

a14

小宮は地方のキャバクラで羽を伸ばしているらしい。

a15

徐々に核心に迫ってくる。

a16

ライブの新ネタを逃げ口上にする小宮。

a17

ライブの新ネタぐらいでは週刊誌は許してくれないw

a18

突然の直撃インタビューにビビる小宮。

a19

また新ネタで逃げようとする。

a20

こっちも新ネタだw

a21

情報を小出しにしてくる週刊誌。

a22

苦し紛れに先輩芸人の名前を出す小宮。

a23

売るにしてもアイアム野田では安すぎるから週刊誌は買わないw

a24

いろいろ聞かれやっと解放される。

a25

記者の名刺を楽屋前の廊下でじっと見つめるw

a26

この事態を理解し、うなだれる小宮w

a27

マネージャーに直撃インタビューの件を電話で報告。

a28

翌日、事実関係の確認のため小宮はマネージャーに事務所に呼び出される。
その様子を隠しカメラで撮る。

a29

熱海に遊びに行ったのは事実。

a31

「キャバクラに行きたい」と言ったのは野田。

a30

荻窪の女の子と連絡先を交換したのも野田。

a32

だからアイアム野田では週刊誌は食いつかないってw

a33

マネージャーにきっちり正論で説教されるw

a34

マネージャーが席を外すとぼやく小宮。

a35

普段は活舌が悪いのに、小宮の独り言は長くてハッキリしている。

a36

マネージャーが戻ってくると、相方の相田の夜遊びをチクりはじめるw

a37

巻き込み事故に遭う相田w

a38

相田も怒られろ的な小宮w

a39

ここからは最後の「ホント」を際立たせるため、小宮にドッキリ企画だと逆に思わせる作戦を遂行する。

a41

嘘くさい番組の嘘くさい取材。

a42

恋愛に関するトークバラエティ番組なのに、質問が微妙。

a43

取材内容が記事に関することばかり。

a44

ここで点と点がつながる。

a45

週刊誌の件がドッキリであること(ではないけど)を悟った小宮。

a46

周囲を見回し、

a49

隠しカメラを発見。

a47

からのニヤリw

a48

仕上げは小宮がドッキリの仕掛人と疑っているであろうアイアム野田に小宮を居酒屋に呼び出してもらう。
いかにもドッキリネタばらし風の状況。

a50

アイアム野田、演技の下手なドッキリ仕掛け人を演じるというややこしい役w

a51

野田の下手芝居でドッキリの確信を深めた小宮。

a52

ここでいよいよ「ホント!!」の発表。

a53

スタッフとカメラが突入。

a55

小宮は予想していたことなので余裕がある表情。

a54

「ボク、わかっちゃいました」と、若干上から目線で謝る小宮w

a56

スタッフ「小宮さんが熱海のキャバクラで遊ばれたという記事の話あるじゃないですか」
小宮「はいはい」
スタッフ「あの話、実は…」

a60

テッテレ~♪

a58

小宮「……」w

a59

スタッフ「週刊女性の記事に出ます」

a61

時間をくださいw

a62

納得できない小宮w

a63

なんだこの看板はw

a65

我々はドッキリ形式で事実を伝えに来ただけw

a69

後味悪いドッキリするな。

a667

だからドッキリではありませんw

a71

「あ~よかった」はありませんw

a68

こんなことされたら記事よけい見られる。

a72

小宮がっくしw

a73

ホント大成功w

a74

OA時には小宮の記事は週刊女性に掲載されています。

a75

小宮らしさを堪能しました。

a76

小宮だから成立したホント企画。

a78