萩城下町からスタート。

a1

林田アナは松陰神社に来たことがある。
タモリさんはたぶん初萩。

a5

萩といえば色合いが美しい萩焼。

a3

旅のお題は「萩はなぜ世界遺産になった?」。

a4

案内人は萩博物館館長、清水満幸さん。

a6

世界遺産に登録された萩城下町。

a7

2015年「明治日本の産業革命遺産」の一つとして世界遺産に登録される。
城跡や屋敷、町並みがセットで残っていることが高く評価されました。

a8

毛利輝元(1553~1625):
戦国時代中国地方を統一した毛利元就の孫
関ヶ原の戦いでは西国の総大将となる

a9

関ヶ原の戦いに敗れた輝元は広島を追われ、萩に一から城下町を築きました。

a10

オープニング。

a11

タモリさんたちがいるのは萩城に続く江戸時代のメインストリート。

a12

1600年代に建てられた商家、菊屋家住宅

a14

昔の雰囲気が残っている路地。

a13

江戸時代の石組み。

a15

萩の町から4人の総理大臣が出ている。

a16

伊藤博文、山形有朋、桂太郎、そして…

a17

ジャストのタイミングで4人目の生家に着くw

田中義一:萩の下級藩士の家に生まれる
陸軍大臣などを経て、第26代内閣総理大臣

a18

タモリさんのお祖父さんが田中義一を尊敬していてタモリさんは森田義一になる予定だった。
でも、義一だと義と一の画数の差が大きく頭でっかちな子になると言われ、義と一をひっくり返して「一義」となる。

a19

ここから萩の地形の話。

a21

海に向かって高くなっている萩の地形。

a20

砂丘?

a22

萩は大きな2本の川が作った三角州の上にある。

a24

土砂がたまっただけなので、地盤が弱く町を作るには不向き。

a23

ところが、日本海からの強い風で砂が吹き上げられてたまり、大きな砂丘ができました。
城下町は地盤の強い砂丘の上にある。
では、低地はどうなっていたのか?

a28

タモリさんたちは砂丘の上の城下町から1キロほど離れた場所に移動します。

a30

市役所、消防署、郵便局などがある萩の町の中心部

a29

今回ご紹介したいのは、藩校の明倫館

a31

明倫館:
城下にあった武士の子弟の学校
1849年規模拡大して今の場所に移転

a32

広さはなんと東京ドームがすっぽり収まる15000坪。

a33

武士の子弟が泳ぎを習った水練池

a34

砂丘の下にある明倫館。

a25

古地図を見るとこの辺りは低湿地だった。

a27

広い敷地と水練場を持つ藩校は、低湿地を活用して作られた。

a35

人の住めない空き地がたくさんあった萩。

a37

町の機能的施設が藩校周辺に集中している。

a36

明治以後の近代化とともに、普通は城跡や武家屋敷があった場所に官公庁などの主要施設が建てられたが、萩は低湿地のスペースに建てられた。

a38

萩は城下町を取り壊すことなく、近代化を進めることができた。

a39

萩の町を作る決め手とは?

a40

ハッキリ・クッキリ・スッキリ。

a41

DAI語w

a42

タモリさんたちは明倫館の入り口に移動します。

a43

明倫館の門。

a44

ブラタモリパワーで開かずの門が開く。

a45

門の敷石に安山岩が使われている。

安山岩:
溶岩が地上で冷えてできる石
かたく風化しにくいのが特徴

a46

安山岩を建物の基礎に使うことで地盤の悪さをカバーすることができる。

a47

安山岩は町作りの決め手となり世界遺産となる町並みを守った”縁の下の力持ち”。

a48

萩の町中に安山岩が敷き詰められている。

a49

さっき城下町で見た石も安山岩だった。

a50

萩②に続く