月ケ瀬梅園からスタート。

a1

眼前に広がる天城連山。

a2

現在位置確認。

a4

天城と言えば石川さゆりの「天城越え」。

a3

ということで、旅のお題も「どうして越えたい”天城越え”?」。

a5

案内人は「熱海」の回にも出演した伊豆半島ジオパークの鈴木雄介さん。

a6

天城山は連山の総称。
一番高い山は、万三郎岳(1406m)。

a7

天城越えは三島から下田を結ぶ下田街道の一部。

a8

大ヒット曲「天城越え」の歌詞。

a9


結構物騒な歌詞だったw

a10

天城越えを熱唱する石川さゆり。

a11

あいにくの雨なので恒例のパネル撮影w

a12

真ん中に折り目がついちゃってるw

a13

天城越えのルートを確認。

スタートは伊豆半島のほぼ中央に位置する湯ヶ島。

a14

険しい山あいを登ります。

a15

標高900メートルの壁がゆくてを阻む。
江戸時代は決死の覚悟でけもの道を登りましたが、

a16

現在は何度も折れ曲がるつづら折りの道で標高700メートルほどの峠を越えていきます。

a17

峠を越えれば河津につきます。

a18

改めて、なんで天城を越えたい?

a19

#104 伊豆

a21

まずタモリさんたちがやってきたのは、天城越えのスタート地点、湯ヶ島。
ここで天城山誕生の秘密を探ります。

a22

狩野川

a23

水源は天城山。
太平洋側で南から北に流れる川は珍しい。

a24

湯ヶ島:
江戸時代は”天城越え”の宿場町
明治以降は人気温泉街に

a25

ここで文豪たちが執筆に専念した。

a26

川端康成の名作、「伊豆の踊子」も”天城越え”をしていた。

a27

この旅館で名曲”天城越え”が誕生した。

a29

歌詞の生原稿。

a28

この宿の名物で、天城山誕生の秘密がわかる?

a32

1988年にこの旅館を改装した際、ここから”あるもの”が出てきた。

a30

巨石!

a31

しかも風呂になっていた。
全長5.4m、重さ53t。

a33

中をくりぬいて浴槽にしたそう。

a34

巨石を見つけた時の写真。

a35

重すぎて重機のケツが浮く。

a36

巨石は安山岩。
安山岩:噴火で流れ出た溶岩が固まった岩

a37

天城山は60万年前に誕生した火山だった。

a38

この巨石は丸みを帯びているのが特徴。

a39

この巨石は川が運んできた。

a40

何度も噴火を繰り返し1400m以上の山になった天城山。

a41

巨石はこの急峻な山で生まれ、川を転がり落ちていった。

a42

巨石は天城山が巨大な火山だったという証拠。

a43

この宿にはいろいろある。

a44

タモリさんたちは川岸にある別館に移動。

a45

たどり着いたのは女湯。
(女湯の字体が面白い)

a46

この場所にあった地層をそのまま使った岩壁。

a47

この岩壁に天城山が巨大になった秘密が隠されている。

a48

岩をたたくと鈍い音がする。

a49

この岩は凝灰岩。
凝灰岩:火山灰が水中に堆積して固まった岩

a50

伊豆半島のかなりの部分に海底火山の地層(青)がある。

a51

天城山の土台は海底火山?

a52

一生懸命説明するが初心者には難しい。

a53

伊豆半島のプレートは日本の中で唯一違うプレート(フィリピン海プレート)。

a54

2000万年前、伊豆半島は本州から約800km離れた海底火山だった。

a55

海底火山想像図。

a56

噴火を繰り返し、陸地になりながら本州に接近。

a57

100万年前、フィリピン海プレートは沈みこみながら本州に衝突。

a58

衝突の影響で海底火山は一気に隆起、その隆起した上に陸上火山が次々と誕生。

a59

天城山は海底火山の隆起によってかさ上げされ、1400m以上の高く険しい山となりました。

a60

天城山は海底火山の上に陸上火山がのってできたもの。

a61

天城山は、火山 ON 火山。

a62

伊豆②に続く