「終着駅の世界」の案内人は”日本中すべての終着駅を訪ねた会社員”田中正恭さん(62)。

a1

日本全国の終着駅はおよそ200あるそうです。

a2

終着駅の魅力。

a3

終着駅は映画やドラマの舞台になりがち。

a4

田中さんは終着駅が持つ哀愁に満ちた雰囲気に魅せられたのだそうです。

a5

田中さんのプロフィール。

a6

田中さん幼少のみぎりw

a7

田中さんは赤ちゃんだった時、電化される前の東海道本線の特急つばめに乗ったことがある。

a8

18歳当時、稚内にて。

a9

田中さんにも青春はあったw

a10

 全国のオススメ終着駅

銚子電気鉄道 外川駅 千葉県銚子市

a11

外川駅は犬吠埼の一つ先。
皆犬吠駅まではよく行くが、外川駅まではなかなか行かない。

a12

銚子電鉄の途中の駅は観光客向けのきれいな駅舎が多い。

a13

24時間テレビでヒロミがリフォームした駅舎。

a17

外川駅の魅力はまた違う。

a14

いよいよ終点外川駅。

a15

飾り気のない古びた駅舎。

a16

手書きの運賃表。

a18

木製のベンチ。

a21

大正12年に建てられた駅舎。

a19

1963年当時の駅舎。

a20

1979年当時の駅舎。

a22

車両もレトロな銚子電鉄。

a23

ぬれ煎餅で糊口をしのぐ銚子電鉄。

a24

長良川鉄道 北濃駅 岐阜県郡上市

a25

かつては国鉄だった長良川鉄道。

a27

岐阜県と福井県を結ぶ路線になる予定だったが…

a26

山の岩盤に阻まれ50年間放置。

a29

結局、国鉄民営化で計画は白紙に。

a28

ぷっつりと途切れた線路。

a30

北濃駅まで行けば、徒歩で途切れた線路を見ることができる。

a31

ほぼ原生林を切り開いてできた鉄道。

a32

福井まで行けなかった長良川鉄道の無念に哀愁を感じる。

a33

由利高原鉄道 矢島駅 秋田県由利本荘市

終点矢島駅。

a36

かつては華やかな城下町だったので、立派な駅舎が建てられた。

a34

秋田おばこのアテンダントさんがお見送り。

a35

駅構内も立派だが人気がない。
人口減少率日本一の秋田県。

a37

ガランとした構内に女性が一人?

a39

マネキンだったw

a38

構内の奥にいた佐藤まつ子さん(71)。

a40

佐藤さんは30年近く矢島駅の売店に立ち続けている。

a41

佐藤さんスタジオに登場。

a42

昔は賑やかな駅だったが、今は寂れてしまっている。

a43

GW・夏休みは終着駅を訪ねてみてはいかがでしょう?

a44