さらに仙厳園の奥に進むと、島津家の資料を多く保管する尚古集成館の館長、松尾千歳さんが待っていました。

a1

石垣の上にあるもの…。

a2

反射炉
18~19世紀に使われた
鉄を精錬する金属溶解炉

a3

鉄を溶かして鋳型に流し込んで大砲をつくっていた。

a4

木炭を燃やして生まれた熱をアーチ状の天井に反射させて温度を上げ、効率よく鉄を溶かす。

a5

台場の大砲もここで造られたもの。

a6

まだ鎖国していたのでオランダの本を見ながら見たことのないものをつくった。

a7

家来にムチャぶりをした斉彬公。

a8

反射炉の土台の材料として欠かせなかったのが、たんたど石。

a9

反射炉の土台に潜入して、石組の技を見学します。

a11

剃刀の刃1枚も入らないと言われるほどの精巧な石組。

a12

土台の上には高さ16mのあるものが積まれていた。

a13

何万個もの耐火レンガを積み重ねて反射炉をつくった。

a14

そういえば、レンガを持っていた斉彬公(渡辺謙)w

a15

薩摩焼きの陶工たちに耐火レンガを作らせた。

a16

伝統の技で反射炉をつくり出した薩摩は一気に近代化が進む。

a17

薩摩の近代化の痕跡を求め、さらに奥に進む。

a18

ここは船の部品や工作機械などを作る工場だった。

a19

工場の外壁にもある工夫が見られる。

a20

大木先生によると、これは小野石と呼ばれる石。
小野石には断熱効果がある。

a21

小野石はどこからどうやってできたのか?

a22

たんたど石は姶良カルデラから生まれた。
すぐ近くで採れる小野石も姶良カルデラではないのか?

a23

小野石は加久藤カルデラから生まれた。

a24

鹿児島には複数のカルデラがあり、時代ごとに性質が違う火砕流を噴き出していた。

a25

こうして生まれた溶結凝灰岩は20種類もあります。

a26

斉彬公の墓石はどれ?

a27

正解はこれ。

a28

この石は色が黄色で美しく、風化しにくい。

a29

石に舌をつけると、吸いつく感じがある。

a32

石に隙間があるので毛細管現象で唾液が石に吸われる。

a33

山川石:
隙間がたくさんあり温度変化の影響が少ないのが特徴
あまり膨張や収縮をしないため風化しにくい

a34

薩摩は用途ごとに種類の違う溶結凝灰岩を使い分けた。

a35

石の力が明治維新の礎に。

a36

この場所には反射炉に加え、ガラス工場や溶鉱炉などがつくられました。
この工場群を斉彬は「集成館」と名づけました。

a37

斉彬はなぜ美しい庭の中に工場を作ったのか?
その理由は集成館の裏山に登るとわかります。

a38

山の中に水路の跡がありました。

a39

水車があった。

a40

集成館には水路が張り巡らされていた。

a41

大砲の工場。
大砲の穴をあけるのに、水車の動力を使っていた。

a42

水車の動力で大砲が回転、そこにドリルを押しつけて穴をあけていた。

a46

流れの力を利用するために山の急な斜面が必要だった。

a44

鹿児島城下で海に近くて裏に崖がある地形はここしかない。

a45

斉彬がここに工場を作った理由は、高い山から水を落とせる環境があったから。

a47

続いてタモリさんたちが向かったのは、工場につながる水路の上流。
集成館から4キロほど離れた場所です。

a48

工場上流の水路
斉彬が工業用水として利用した水路は、もともとは田んぼのための水路でした。

a49

水路のスタート地点
シラスに覆われた鹿児島では珍しい場所。

a52

溶結凝灰岩が露出している。

a57

川と水路が二手に分かれている。
この水路の取り入れ口は大正時代に付け替えたもの。

a54

少し下流に石を切った跡がある。

a55

ここに堰を作って、取水口を引いていた。

a56

地質図を見ると、川の上流部分で溶結凝灰岩に囲まれた場所はここだけ。

a58

薩摩の人は加工できる溶結凝灰岩がある場所を見逃さず、ここに堰をつくった。

a59

テーマを確認。

a65

島津氏は鹿児島の地形地質を熟知していた。

a61

石を活用して明治維新を成し遂げた。

a62

地形地質を知る者は国家を制する。

a60

エンディング♪

a63

次回(3月24日)は宮崎です。

a64