振り返ってみると、私はクイズ番組に出た記憶がない、というお話。

a1

ゲストは道尾秀介さん(直木賞作家)、堀部圭亮さん、

a2

メイプル超合金のお二人。

a3

今回のテーマはクイズ。

a4

クイズ王の伊沢拓司さんがクイズの早押し㊙テクを伝授します。

a5

タイトル。

a6

クイズ番組形式で番組進行。

a7

第1問。

a8

問題文を読むのはテレビ朝日アナウンサー久保田直子アナ。

a9

久保田「おおかみのふ」
ピンポーン!

a10

伊沢「のろし、です」
ピンポンピンポンピンポン(正解)。

a11

問題全文。

a12

この問題は、「おおかみのふ」で問題が確定する。

a13

このように過去に何度も出題されている問題は「ベタ問」と呼ばれ、「ベタ問」は約10000問ある。

a14

「おおかみのふ」で始まる問題は他にない?

a15

「オオカミの」で始まる他の問題の場合は「オオカミの」の後に読点(、)がつく。

a16

「のろし」が答えになる理由:
・「オオカミの」で区切れていない
・「オオカミのふ」で始まる問題が他にない

a17

「オオカミのふ」で始まる別の問題ができれば「のろし」が答えとは限らなくなる。

a21

広辞苑は今まで一番最後の言葉が「んとす」だった。

a18


今年から最後の言葉が「んぼう」になったので、もしクイズで出たら答えが変わる。

a19

結論。

a20

第2問。
久保田「フランス語で稲妻…」

a22

安藤なつ「エクレア」
ピンポンピンポン。

a23

問題全文。

a24

語源問題:言葉の語源から推測して何かを答える問題

a25

よく出題されるフランス語の語源問題。

a26

道尾「ポルトガル語で小舟」
タモリ「バッテラ?」
道尾「バッテラです」

a27

第3問。
久保田「世界3大料理と言えば…」
伊沢「トルコ料理」
ピンポンピンポン。

a28

問題全文。

a29

知名度順で名前が出てくるので、答えが決まっている。

a30

フランス料理、中華料理はすぐ出てくるが、トルコ料理が3大料理の一つであることを知らない人も多い。

a32

3つある中で正解となりやすい答え
・1つだけ知名度が低いもの
・序列が決まっているものの3番手

a33

三大○○が四大○○になった場合は後から足された物が答えになる。

a34

第4問。
久保田「国民の三大義務といえば…」

a35

道尾「排便」
直木賞作家のボケw

a36

タモリ「納税」
ピンポンピンポン。

a37

問題全文。

a38

教育、勤労、納税は日本国憲法に書かれている順番。

a39


三大栄養素は炭水化物・タンパク質・脂質の順番でだいたい書かれている。

a40

脂質が一番おいしいw

a41

今度はみんなにクイズ問題を作ってもらいます。

a42

「ですが問題」の例題。

a43

美しい「ですが問題」のポイントは文章の対比。
例題では「日本」に対して「世界」、「富士山」に対して「エベレスト」。

a44

安藤なつ作の問題。

a45

正解は「もんめ」。

a46

安藤なつの「ですが問題」は68点。
ダイヤモンドは鉱物なので、対比させるならルビーなどの鉱物が良い。
「みんな大好き」×2で2点減点w

a47

カズレーザーの「ですが問題」。

a48

正解はFAX。
クイズ王も正解がわからなかった難問。

a49

カズレーザーの「ですが問題」は80点。
アイデアは100点越え。
減点要素は、「スコットランドの発明家」は2ついらない。
「スコットランドの発明家で、」で一つにまとめるときれい。
さらに、ベルが発明したものもベインが発明したものも一つではない。

a50

道尾秀介の「ですが問題」。

a51

正解は綿矢りさ。

a52

道尾秀介の「ですが問題」は90点。
構造がシンプルできれい。
答えもよく知られている作家名。

a53

しいて減点対象を上げるなら、「芥川賞の」の後に読点(、)がほしい。
「芥川賞の、」で止めておかないと後半直木賞にいく可能性が出てくる。

a54

空耳アワー♪

a55

タモリ作の「ですが問題」。

a56

正解は(中国の)青蔵鉄道。

a57

タモリにとっては当たり前の問題だが、一般人には難問w

a58

クイズ王決定戦レベルではこの通りの問題が出るので、95点。

a59

次回予告。

a60