「御三家和菓子の世界」の案内人は永春文庫副館長、橋本麻里さん(45)。

a13

和菓子御三家(橋本セレクション)。

a2

一番若い鶴屋吉信でも伊能忠敬が測量を開始した頃に創業。

a3

 オススメ和菓子3選

橋本さんが考える和菓子の魅力。

a4

連想ゲーム:色・形・名前から物語を連想しながらいただく

a5

鶴屋吉信 松の寂


和服の人が運んでくるかと思ったら、女子プロ研修生みたいなのが来るw

a6

冬の松の木に雪がしんしんと降る姿を表現。
宇治抹茶のすり琥珀に丹波大納言小豆をちらしている。
1296円(税込・12個入)

a8

文学うんちくがやたら長い案内人w

a9

両口屋是清 御題菓子「竹取物語」

両口屋是清は尾張徳川家の御用菓子。

a18

御題菓・竹取物語
1836円(税込)

a10

見た目よりはるかにあっさりした味。

a11

20分あれば、1本完食は余裕w

a12

虎屋 夜の梅

羊羹と言えばこれ。

a14

長時間練り上げ、砂糖の含有量が多いのが特徴。

a15

-40℃でも凍らず南極観測隊も食べられた。

a17

少し硬く、少し甘く、後味が良い。

a16

小豆の粒が夜の闇の中に咲く梅の花を表現。

a19

どうしても日本文学を語ってしまう案内人w

a20

恋の話はNGですw

a21

 テレビ初公開!虎屋3つの秘密

珍しくスーツを着ているプロデューサー。

a22

いつもの格好を表現すると、放送禁止用語が浮かぶw

a23

虎屋のヒミツ① 一代一人制度

a24

虎屋黒川家の一代一人制度。
黒川家に兄弟が何人いても虎屋に入社するのは一人だけ。

a26

代替わりの儀式:京都の店にある神聖な部屋で
新当主が一人で毘沙門天像を拝む

a28

家督争いを防ぐため?

a27

現社長、黒川光博氏。

a29

虎屋のヒミツ② 江戸時代から社内に眠っている教科書がある

a30

第17代の黒川社長登場。

a31

マツコのおねだりw

a32

虎屋のおはぎはマツコの大好物。

a33

菓子見本帳:300年以上前から伝わる菓子作りの参考図

a34

今はさすがにパソコンでレシピを打ち込んである。

a35

せっかく社長に会ったので、いろいろワガママを言う人たちw

a36

大正時代にはバナナの形の和菓子が考案されていた。

a37

昭和17年の木型!

a38

と思ったら、平成17年だったw

a39

手がきれいな和菓子職人さん。

a40

手がきれいで柔道二段の和風セクシー和菓子職人w

a41

和菓子にはお抹茶が欲しいマツコ。

a42

若菜餅:1746年の記録に残る生菓子
外側は白い小豆に天然色素で色をつけたもの。

a43

群馬県の沼田などで作った白小豆を使っている。

a44

虎屋はあんこ。

a45

なんども言うw

a46

虎屋のあんこなら1リットル食べられるw

a47

虎屋のヒミツ③ 御殿場に隠された”秘密の工房”

工房は御殿場駅から車で15分。
虎屋18代候補の黒川光晴氏。

a1

工房は広大な庭園(敷地5600坪)の中にある。

a2

とらや工房。

a3

とらや工房限定販売のどら焼き。

a4

ここでしか食べられない限定品ばかり。

a5

ガヤが多すぎるw

a6

18代目の奥さんはインド人のハーフ。

a7

奥さんは「マツコの知らない世界」だけは観ている。

a8

18代目は和菓子のグローバル化を目指している。

a9

スタジオに控えていた18代目。

a10

とらや工房のどら焼きは皮がおいしい。

a11

卵は地物を使用。

a12

本店との違い。

a13

17代目はマツコがトヨタの社長と共演した番組を観ていた。
夜の巷を徘徊する2015年10月1日放送~トヨタ自動車工場を夜間見学

a14

その時にマツコが豊田章男社長の人柄の良さを引き出していたのを見て、この番組に出演する気になった。

a15

あらやだ嬉しいw

a16