黒い砂と茄子の関係を知るため、タモリさんたちは三保半島の折戸地区にやってきました。

a1

こちらのお宅に三茄子のルーツがある?

a2

ビニールハウスのナス畑。

a4

折戸茄子こそ三茄子のルーツ。

a3

ナス畑の黒い砂地にはメリットがある。


a5

三保の黒い砂は太陽の光で暖まりやすい。

a6

ゆえにほかの地域より1,2か月早く茄子の収穫ができた。
初物を喜ぶ江戸時代には、どこよりも早く収穫できる折戸茄子は貴重で人気の品だった。

a7

家康曰く、「初茄子価(値)貴く」

a8

家康は高いものを三つ(富士山、足高山、初茄子)並べていた。

a9

家康は、毎年初物の折戸茄子を500個献上させていた。
当時の折戸茄子は小さい。

a10

5個で1両。

a11

べらぼうに高い茄子。

a12

折戸茄子をまず生で試食。
リンゴのような甘さがある。

a13

次は油で炒めたのをいただく。

a14

タモリ「これうまいよ」

a16

みずみずしくて甘い折戸茄子。

a17

最後の茄子が美味しくて、それまでのことが吹き飛んでしまったw

a18

最後に鶴瓶師匠と合流。

a20

久能東照宮の畳を手掛けた畳屋さんの家。

a22

タモリ、お父さんのダブル帽子をいじるw

a21

素朴で可愛い孫娘。

a23

昔の畳を見学。

a28

最後に畳屋さん家族からのビデオメッセージ。

a24

一番先に来たのは鶴瓶師匠w

a25

老夫婦の記憶から鶴瓶が消えているw

a26

今年もよろしくお願いします。

a27