桂浜からスタート。

k1

近江アナは高知生まれ。

k2

タモリさんは学生時代に1回来たはずだが、ほとんど記憶がない。

k3

高知と言えば、坂本龍馬

k4

龍馬がお腹に手を差し入れているのは、太ったのを気にしているから?w

k5

旅のお題は「高知の町はなぜ龍馬を生んだ?」。

k6

案内人は土佐史談会の吉澤文治郎さん。

k7

競馬場の痕跡のカーブで意気投合w

k9

龍馬は海を見ている。

k10

坂本龍馬:天保6(1835)~慶応3(1867)年

k11

亀山社中を結成。
亀山社中:貿易・海運・航海訓練・英語教育など
商社や海軍の役割を併せ持つ組織

k12

倒幕派の薩摩や長州の動きを後押ししました。

k13

なぜ龍馬がいち早く海外に目を向け、日本を動かす英雄になることができたのか?

k14

それは高知の町づくりと地形に関係がある?

k60

まずタモリさんたちが向かったのは、桂浜から車で30分ほどのところにある高知城。

k16

城の天守
から城下町の立地を確認します。

k17

天守の高さは約60m。

k18

東側の景色。

k19

北側。
四国山地の山々。

k20

四国山地があるので讃岐は雨が少ない。
土佐と讃岐では文化も食べ物も違う。

k21

西側も山に囲まれている。

k22

桂浜がある南側にも山がある。

k23

高知城と城下町は四方を山をに囲まれ、海は見えない。

k24

龍馬はどこで生まれた?

k25

龍馬は城の西側の城下町で生まれた。

k26

城と城下町をここに作ったことが、龍馬という英雄を生み出したことに関係がある(らしい)。

k27

次にタモリさんたちが向かったのは城から東に1kmほど離れたかつての城下町。

k28

この商店街を歩くと、高知の町が龍馬に与えた影響がよくわかるそうです。

k29

吉澤さんは早稲田大学モダンジャズ研究会の後輩でした。

k61

どん突き(行き止まり)にやってきました。

k32

不自然な盛り上がりを発見。

k33

商店街の表通りに「つちばし」の屋号。

k34

盛り上がりの正体は橋の痕跡だった。

k35

70年ほど前までここに堀があった。

k36

この公園は堀を埋め立てた跡。

k37

昔の絵図で見ると、赤い部分が公園にあたる。

k38

東西に流れる二つの川の間に、南北に堀が設けられていた。

k39

二つの堀の外側には何も書かれていない。

k40

内側には(偉そうな?)氏名が書かれている。

k41

堀の内側は上級武士の町、外側は下級武士と町人の町だった。

k43

坂本龍馬は堀の外側で生まれた下級武士の家の子供。

k44

土佐藩は武士のヒエラルキーがはっきり分かれていた。

k45

身分の低い下士の子として生まれた怒りが、倒幕へのエネルギーにつながった。

k46

次にタモリさんたちは東西に走る堀の跡をたどってゆきます。

k47

有名なはりまや橋

k48

昔の絵図には名前は書かれてない。

k49

はりまや橋を有名にしたのは「よさこい節」。

k50

よさこい節を合唱w

k51

よさこい節の由来を知っていた高知生まれの近江アナ。

k52

よさこい節はお坊さんと美少女の禁断の恋の物語だった。

k53

龍馬が19歳ごろの実話だった。

k54

さらに東に進むと橋の痕跡がありました。
昭和32年ごろにはまだ堀があったようです。

k56

堀を埋め立ててできたスペースはバスターミナルになっています。

k58

はりまや橋から歩くこと10分、水面が見える場所までやってきました。

k62

江戸時代、ここはどんな場所だったか?
絵巻物で確認。

k63

今いるのはこのあたり。

k64

米蔵があり、船から荷を揚げている。

k65

この辺りは港から来た荷を揚げる物流センターだった。

k66

堀の先をたどると、浦戸湾と桂浜、そして太平洋。

k67

城下町から海は見えなくとも堀と海がつながっていたので、龍馬は海運の重要性に気づいていた。

k68

それにしても、海と城下町を隔てるこの山はどうしてできたのか?

k69

次は高知の地形の成り立ちについて解き明かします。

k70

高知②に続く