秋の鉄道旅行の世界。

a2

案内人は世界93か国で列車に乗った”ガチ鉄”桜井寛さん(63)。

a1

桜井さんは3度目の出演。
仕事(鉄道カメラマン)は撮り鉄、プライベートは乗り鉄、食事は駅弁鉄という骨の髄まで鉄分100%の人。

a3

世界各国の列車に乗った桜井さんが日本の鉄道について思う3S。
①正確
②清潔
③?

a7

三つめは、写真が撮り放題。

a4

ロシアでは”禁カメラ”の標識が掲げられている。

a5

スペインで列車の写真を撮ろうとすると、すぐにしょっ引かれる。

a6


 絶景と美食が楽しめる!今年デビューの最新列車 

JR小海線 ハイレール1375

a8

清里の栄枯盛衰。
もうギャルはいない。

a11

小淵沢駅の屋上。
ソーラーパネルと展望デッキがある。

a10

今年(2017年)の7月3日にリニューアルオープンしました。

a9

小淵沢駅には20種類の駅弁がある。

a12

中でも桜井さんのオススメは、高原野菜とカツの弁当1000円(税込)。

a62

神奈川県から一人で来た鉄道ファンの子。

a15

「ハイレール1375」が駅に到着。

a14

白と青を基調にした車両。
2両編成です。

a16

4人掛けのボックスシート。

a17

2人掛けのペアシート。

a18

ハキハキしていて、良い子。

a20

10:30a.m. 出発。

a19

清里と野辺山の間にあるJR鉄道最高地点。
標高1375mは、ハイレール1375の名前の由来。

a21

野辺山駅の標高1345.67mは、1から7まで書いて2を消す、と覚える。

a24

八ヶ岳をバックに野菜畑の中を走る。

a22

生野菜たっぷりの高原野菜とカツの弁当。

a23

佐久平から浅間山を望む。

a25

ハイレール1375
運行日:金曜・土曜・日曜・祝日(1日3便)

a26

スタジオに小淵沢駅の駅弁集合。

高原野菜とカツの弁当を試食。

a29

生野菜のみずみずしさに驚くマツコ。

a27

Photo by Kan Sakurai.

a30

直火炊き山菜とり釜めし 1000円(税込)

a31

熱々が食べられます。

a33

オカマに反応するマツコw

a32

直火炊きなので、オコゲもある。

a34

「元気甲斐」はその昔テレビ番組の企画でできた駅弁。
1985年発売開始、1600円(税込)。

a35

Wおこわの豪華なお弁当。

a36

JR土讃線 四国まんなか千年ものがたり

a37

池田高校の蔦監督はもう鬼籍に入られたのでは…。

a38

瀬戸の花嫁♪とともに現れる。

a39

185系は四国だけ、ということでもないらしい。

a40

「四国まんなか千年ものがたり」は3両編成。

a41

2両目の反対側は白。
4色で春夏秋冬を表わしている。

a42

春をイメージした1号車。

a43

この列車の特徴は左右両側の景色が楽しめること。

a44

秋をイメージした3号車。

a45

7月の香川県の景色。

a46

徳島県の坪尻駅でスイッチバックします。

a47

周りに民家がない秘境の駅。

a48

現在駅を利用する住民はいない。

a49

アテンダントの開鈴里さんのお祖父さんが山の上に住んでいた駅の最後の利用者。

a50

お祖父さんの家に行くにはマムシが出る山道を歩かないといけない。

a51

カップル用ベンチ。

a52

傾斜がついているので真ん中で二人が自然に寄り添う。

a53

列車は吉野川を渡る。

a54

小歩危峡。

a55

第一吉野川橋梁。

a56

蔦監督って、これか…。

a57

やりたい放題のジジイw

a58

スタジオにお気に入りのアテンダントを呼ぶジジイw

a61

「四国まんなか千年物語」午後の便の和食弁当(4500円)。

a59

超豪華。

a60

秋の鉄道旅行の世界②に続く