「ねりものの世界」の案内人は、1年365日40年間ねりものを食べ続ける男、土井雅弘さん(64)。

n1

ミッツマングローブが好きなかまぼこ。

n2

オネエは練り物が好き?

n3

土井さんのプロフィール。

n4

土井さんはねりもの業界紙の編集長だった。

n5

全国かまぼこ連合会に激しく反応するマツコw

n6

ねりものは、魚肉をすりつぶして加工したもの。
加熱方法で4種類に別れる。

n7

魚肉ソーセージはねりもの?

n8

定義から言えばねりものだが、大手水産会社が作ったものだし、原料がマグロなのでかまぼこ業界としては仲間に入れてやらないw

n9

魚肉ソーセージを炒めてケチャップをつけるのが好きなマツコ。

n10

日本全国ご当地ねりもの

土井さんオススメの39品。
今回はこの中からいくつか紹介します。

n11

超特選蒲鉾「古今」

1本4000円近い蒲鉾の最高峰。

n12

ここで土井さんが伝えたいこと。

n13

これが理想の蒲鉾の厚み。

n14

緊張して蒲鉾がうまく切れない土井さんw
4000円の蒲鉾が…。

n17

さすがに美味い。
でしょうね…。

n16

ごろごろ枝豆揚げ

n18

枝豆の風味を生かすため低温で揚げるので色が白い。

n19

必然的にビールをいただく。

n20

京の魚そうめん清滝

n21

添付のつゆをかけていただく。

n22

魚そうめんは冷やして食すもの、だそうです。

n23

煮玉子しんじょう

n24

煮玉子は卑怯w

n25

1個368円(税込)。

n26

柿天

n27

広島県尾道市 桂馬かまぼこ商店
1個 226円(税込)

n28

やたらあるねりもの記念日。

n29

かまぼこの日が11月15日なのは、かまぼこが初めて古文書に登場したのが1115年だから。

n32

伊達巻の日は伊達政宗の命日。

n30

12月22日は冬至。
冬至には「ん」が2回つくものを食べて無病息災を祈願する風習があった。
だから、はんぺんの日。

n31

スーパーで買える!オススメねりものベスト3

出雲国大社食品「あご入りのやき5本」378円(税込)

n33

ザクザクした歯ざわり。
味が濃い。

n34

阿部善商店「金練り」238円

実は塩釜は揚げ物(さつま揚げ)の名産地。

n35

安定のおいしさ。

n37

さつま揚げ入りチャーハンも美味。

n36

鯛入り笹かま4枚 紀文食品 284円(希望小売価格)

n38

ねりもの記念日はみんな知ってて、紀文はあまり知らないと思っている土井さん。
業界にどっぷり浸かりすぎて感覚がおかしくなっているw

n39

笹かまは温めて食べるとおいしい。
電子レンジなら500wで1分加熱。

n40

マツコは笹かまとずんだ餅が大好き。

n41

ねりもの家族にはなりたくないマツコw

n42

激震の㊙かまぼこ

かまぼこ業界が40年以上超えられない大きな壁。

n43

戦後日本が生んだ3大加工食品。
・即席麺
・レトルトカレー
・カニカマ

n44

世界を股にかけて活躍するカニカマ。

n45

どんどんリアルになってきているカニカマ。

n46

見た目も味も食感もカニ。

n47

ということで、業界はカニカマに続くスターを生み出そうとしている。

n48

ほぼホタテ。

n49

もうちょい頑張れ。

n50

土井さんイチオシのポストカニカマ。

n51

皮も再現してある。

n52

ウナギにかなり近づいている。

n53

子供はこれで十分。

n54

値段も魅力的。

n55

土井さんは実はねりものに飽きている?w

n56