今日は病院(メディカルトピア草加病院)に来ています。

dn1

ゲストはみうらじゅんさん、マギーさん。

dn2

今回は40歳を過ぎたら受けたほうが良いとされる、大腸内視鏡検査について学びます。

dn3

解説は内視鏡診療部長の吉田智彦先生と、

dn4

アメリカでも内視鏡を学んだ斉藤佳代子先生。

dn5

さらに熟練の看護師さんたちをお迎えしてお送ります。

dn7

これなら痛くない!最新の大腸内視鏡検査。

dn6

大腸内視鏡検査のマシーンを囲んで。

dn8

内視鏡検査経験済みの二人。
実際は薄暗いので機器があるのは気づかなかった。

dn9

内視鏡システム本体 約1000万円

dn12

スコープ 約400万円

dn11

最新スコープは拡大機能がついている。
80倍光学ズーム

dn14

拡大機能で病変を細かく見ることができる。

dn13

視野角170度

dn17

直径13.2㎜の先端にはレンズ以外にも様々な機能がついている。

dn16

ノズルには腸を洗う水や空気を送り込む機能がある。

dn18

高周波スネア:電気でポリープを焼き切る鉗子

dn19

先端は硬度が変えられる。

dn20

手元にあるダイヤルで硬度を0から3まで変えることができる。

dn21

実際にタモリさんがスコープを操作してみる。

dn22

先端は上下左右に動かすこともできる。

dn23

生き物のようにグニョグニョ動く。

dn24

大腸の模型を使ってスコープ操作のトレーニング。

dn25

まず、肛門に麻酔剤入りのゼリーを塗る。

dn27

二人は全身麻酔をかけられたと思っていたが、実は鎮静剤だった。

dn28

全身麻酔は開腹手術などで使用される麻酔。
自発呼吸が止まるため人工呼吸が必要になる。

dn29

いよいよ肛門に挿入。

dn30

肛門に内視鏡を入れるときは斜めに入れる。
そのほうが痛みが少ない。

dn31

直腸を10~15cm進む。

dn32

直腸の次は曲がりくねったS状結腸。

dn33

S状結腸は曲がりくねっている上に体に固定されていない。

dn35

単純にスコープを押し込むと腸が伸びて痛みが出ます。

dn37

そこで軸保持短縮法というテクニックを使います。

dn36

Hooking The fold=スコープで腸のひだをたぐる

dn40

スラロームテクニック=スコープで腸のひだを寄せる

dn39

こういったテクニックを使い大腸をまっすぐにしてスコープを入れる。

dn38

スコープがS状結腸入口に達したら患者を仰向けにする。
仰向けのほうが腸の角度が少し鈍化する。

dn41

スコープで腸をたぐってまっすぐにする。

dn42

斉藤先生の模範実技の後は、タモリさんがトライ。

dn43

器用なタモリさんでもこれは難しい。
腸が伸びて痛い。

dn44

S状結腸をクリアしたら大腸の端にある盲腸まで一気にスコープを進めます。
実は検査は盲腸からスタート。
盲腸から肛門まで戻りながら検査します。

dn45

盲腸にスコープが到達するまでの時間が4分を切ればエキスパート。
吉田先生の盲腸到達最速記録は50秒。

dn46

検査は病変を見逃さないようすべてのひだをしっかり観察。

dn47

ポリープ発見。

dn48

大腸の中で発見された意外なもの。

dn52

きのこ

dn49

イクラ

dn50

カニ

dn51

空耳アワー。
安齋さんは大腸内視鏡検査の最中、医師に「タモリさんってどんな人?」と聞かれるw

dn53

最後は模型の大腸ポリープ切除に挑戦。

dn54

まず斉藤先生にポリープのある所までスコープを入れてもらいます。

dn55

ポリープ発見。

dn56

ポリープ切除はタモリさんがやります。

dn57

鉗子の輪っかでポリープを引っかける。

dn58

輪っかでポリープを締め上げる。

dn59

青のペダルを踏むとポリープが切れる。

dn61

取れた!

dn60

切除成功。

dn62