先週の続き。
奄美大島中部の河口をカヌーで探検中。

amasea1

マングローブの森が広がります。
先週勉強したようにマングローブは植物の名前ではなく、熱帯・亜熱帯の河口などで潮の満ち引きの影響を受ける植物の総称です。

amasea2
 
案内人はエコツアーガイドの中岡省吾さんです。

amasea3

爽やか近江ちゃん。

amasea7

干潟に上陸。

amasea4

ここでマングローブの生き物たちを観察します。
 
amasea5

シオマネキが出てくるのを待ったが、警戒されて出てこなかった。

amasea6

オキナワハクセンシオマネキ:甲羅の幅は2cmほど
南西諸島に生息

amasea8
 
オスたちが大きなハサミでメスを手招きする。

amasea9

近江アナ、カニ発見。

amasea10

コメツキガニ:甲羅の幅は1cm未満
全国の干潟や砂浜に生息

amasea11

この青いカニは縦に歩ける。

amasea12

ミナミコメツキガニ:甲羅の幅は1cmほど
南西諸島に生息

amasea13

大きなシジミ。

amasea14

泥臭くておいしくはない。

amasea15

マングローブの代表的な植物、メヒルギとオヒルギ。
葉の形が違う。

amasea16

メヒルギの根は、板状(板根)。

amasea20

オヒルギの根はドレッドヘアw

amasea17

オヒルギは膝を曲げたような根を伸ばしている(膝根)。

amasea21

潮の干満の差が激しいので、少しでも長く呼吸をするためにこのような複雑な形の根になっている。

amasea22

もう一つの理由は、軟弱な地盤の上で育つことができるよう根が複雑な形になっている。

amasea23

メヒルギの散布体。
*散布体:枝についたまま種子が発芽したもの

amasea18

オヒルギの散布体。

amasea19

散布体は大きくなると落下し、泥に突き刺さる。

amasea24

大きい木になるまで100年ぐらいかかる。

amasea25

葉をよく見ると、黄色いものもある。
この黄色い葉に秘密が…。

amasea26

緑の葉はあまり味がしないが、黄色の葉は塩味がある。

amasea28

植物にとって塩分は大敵。

amasea30

メヒルギやオヒルギは水分をとる時まず根で塩分をろ過します。

amasea31

それでもろ過しきれず入ってきた塩分を古くなった黄色い葉に送ります。 

amasea32

その葉を落とすことで木の中の塩分を調整していると考えられています。 

amasea33

メヒルギやオヒルギは陸での生存競争に負けて、塩分の交じる汽水域に根を張らざるを得なかった。 

amasea29

マングローブがもたらした食物連鎖。

amasea34

潮が満ちてきたので、カヌーで干潟に戻ります。

amasea35

マングローブができたのは、大きな川と河口に突き出した山(赤い部分)のおかげ。

amasea36

上流から運ばれた泥が波にさらわれず、この場所に溜まり、

amasea37
 
マングローブができやすい土壌が生まれました。

amasea38

マングローブパークのスタッフが大きなカニを捕まえてきました。

amasea39

ハサミの力は800㎏あると言われている。

amasea40
 
ノコギリガザミ:甲羅の幅は20cmほど
南西諸島などに生息

amasea41

食べたらおいしいけど、ここは採取禁止。

amasea42
 
食べる気満々の近江ちゃんw

amasea43
 
奄美の海②に続く