富士山最大の玄関口はどうできた?①の続き

廊下の壁面に隙間なく飾られた額。

sanroku1

神楽を奉納した記念の額(奉納額)です。
神楽:富士山の神様に喜んでもらうため、富士講の人々は浅間神社で神楽を奉納した。

sanroku2

弁当箱。
富士登山当日、富士講の人々に弁当を持たせたそうです。

sanroku4

奥さん「今はセブン…いろいろコンビニがありますけれど…」w

sanroku3
 
富士登山の衣装。
サイズぴったりでしたw

sanroku5

代々伝わる御師が配るお札を刷るための版木。

sanroku6

タモリさんが刷ってみます。

sanroku7

口から出まかせw

sanroku8
 
タモリさんが汗だくになって刷り上げた一枚。

sanroku9
 
富士山の神様たち。

左の木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)は安産・火防、富士山の女神。
右はご主人の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)。

sanroku10

瓊瓊杵尊の道案内をした猿田彦大神。
猿田彦大神をまつる神社は全国各地にあります。

 sanroku11

富士山は60年に一度の庚申(かのえさる)の年に生まれたという伝説があります。
このお札は1860年(庚申の年)に特別に作ったものだそうです。

sanroku13
 
 この版木を彩色して軸装したもの。

sanroku14

1860年は60年に一度のご利益を求め、たくさんの人が富士山に登りました。
この年の宿泊者名簿は通常の年の名簿と比べ厚みが段違い。

sanroku15

夫婦で来ている。

sanroku16

江戸時代、女性は2合目までしか登ることができませんでしたが、1860年は上文司さんら御師が音頭をとって女性ももっと上まで登れるようにしたのだそうです。

sanroku17

御師宅の庭の滝で禊をするタモリさんw

sanroku18

上吉田の町と浅間神社はまっすぐつながっていない。

sanroku19

その理由を探るため、上文司さん宅の敷地の奥へ。

sanroku20

高低差のある地形は富士山の特殊な自然現象が生み出したもの。

sanroku21

雪代:雪が溶け土砂とともに土石流となって流れ下る現象

sanroku22

この雪代による浸食で富士山に谷が刻まれます。

sanroku23

富士山の中でも浸食されやすい場所が吉田大沢。
上吉田の町は吉田大沢から麓まで続く2本の谷に挟まれた場所にあります。

sanroku24
 
上吉田は雪代が通った間にできた町。

sanroku25

約450年前、古吉田から上吉田に移転。

sanroku26

古吉田は雪代の流路が決壊し、土砂流災害が起きやすかったのです。

sanroku27
 
なぜ雪代が起きやすい吉田大沢の麓に町を作ったのか?

sanroku28
 
雪代が運んできた土砂が溶岩の上に豊かな土壌を作ってくれたから。

sanroku29

富士山の周りは溶岩で覆われていますが、麓の一部は雪代のおかげで住みやすい土地(下図の赤い部分)になったのです。

sanroku30

 しかしこの土地には一つ難点があります。
それは水。
このあたりの土は水はけがよいので水は全部地中に染みこんでしまいます。
固い溶岩があるので井戸を掘ることもできません。

sanroku31
 
そこで江戸時代、水を得るために用水路を作りました。
当時、ある工夫を凝らして川から水を引きました。

sanroku32

 一行は工夫を凝らした用水の痕跡を見にゆきます。

水源は忍野八海の水(富士山の伏流水)。

sanroku33

しかし、川に沿った溶岩が壁となり、容易に町に水を引くことができません。

sanroku34

そこで、溶岩の下の雪代が運んだ土砂を掘って水を通したのです。 

sanroku35

これが溶岩の下を掘った用水トンネルの痕跡。

sanroku36

タモリさん一行は用水トンネルの中に入ります。

sanroku37

もう水は流れていませんが、これが溶岩の下の土砂を掘った用水路です。

sanroku38

溶岩。

sanroku39

そして、雪代が運んだ土砂。

sanroku40
 
この用水があったから、大勢の富士講を迎えることができたのです。

sanroku41

雪代に悩んだけれど、結局雪代のおかげで上吉田の町ができた。
昔の人は地質をよく理解していた。

sanroku42

大きな天ぷらおいしそう。

sanroku43

おまけ。
来てみたら意外に面白かった富士吉田。

sanroku44

次回(11月5日)は「大阪」です。

sanroku45