先週の続き。
青木ヶ原樹海を歩くタモリさんたち。

mj1
 
お題の復習。
「日本を支えた!?樹海の正体とは?」
今週も樹海の正体を探っていきます。

mj3
 
青木ヶ原樹海を作った貞観噴火の火口。

mj4

この火口は火口列の一つ。
*詳しくは先週の「富士の樹海」をご覧ください。

mj5

火口の奥を探索。

mj9

案内人の千葉さんは、さらに奥に入り、火口の証拠を採取します。

mj7

火口の証拠とは赤く焼けた土。
マグマの熱で平安時代の地層がレンガ色になっているのだそうです。

mj22

せっかく照明さんがいるので火口で記念写真。
右奥が赤くなっているのがわかります。

mj8
 
続いてタモリさん一行が訪れたのは、山梨県鳴沢村
青木ヶ原樹海の東の端、溶岩流の末端になります。

mj23

樹海を生んだ火口から直線距離で約6㎞の地点。

mj24

目の前の国道は登り坂。

mj25

溶岩の末端の崖をならして、傾斜の緩やかな道路にしてあります。

mj26

国道沿いの民家の裏庭で溶岩の末端を見ることができました。

mj11

溶岩の末端の崖は”末端崖”という。

mj31

溶岩でご機嫌のタモリさん。

mj14

溶岩の断面がむき出しになっている場所

mj27

ここは昭和50年代まで溶岩の採石場でした。
溶岩の下の土(平安時代の地層)をかき出して、溶岩の自重で溶岩を崩したそうです。

mj13

高度経済成長期、溶岩は土木工事の資材に使われていました。
昭和39年に開通した富士スバルライン(山梨側の麓と富士山5合目を結ぶ有料道路)の建設資材として青木ヶ原樹海の溶岩が使われたのです。

mj28

採石場の人たちは、気泡が少なく高値で取引される溶岩を”ロース”、気泡が多い溶岩を”アワ”と言ってたそうです。

mj29

溶岩といえば、溶岩焼き。

mj30

ということで、ロースの溶岩プレートでロースのステーキをご馳走になる。

mj16

アツアツの一切れを口にほおばる。

mj18

あまりの熱さに踊る近江アナw

mj17

タモリさんたちは再び樹海の奥に移動。
富士風穴を見ます。

mj33

風穴は溶岩が流れたときにできた自然のトンネル。
富士風穴は全長200m以上あります。

mj34

8mある窪地の底は10℃以下。

mj35

ジュード・ロウw

mj36

上は20℃。
12℃も違います。

mj37

風穴の入り口に人影が…。

mj38

案内人の栗林さんでした。
寒い所で待たされてちょっと怒っているw

mj20

栗林さんは写真家で樹海のガイド。
自宅も樹海の中だそうです。

mj19

大正11年に当時皇太子だった昭和天皇が富士風穴を訪れたそうです。

mj39

富士風穴は明治から昭和にかけて日本を支えた大切な場所。
その痕跡がまだ風穴の中に残っているそうです。

mj40

いよいよ風穴に入ります。

mj41

風穴の気温はほぼ0℃。
真夏でも氷があります。

mj42

風穴の奥に木の台車が氷漬けになっていました。
栗林さんによると、あるものを台車で運んでここで冷やしていたそうです。
ヒントは当時の日本を代表する輸出品。

mj43

絹織物、核心に近づく。

mj44

蚕の卵をここで貯蔵していた。

mj45

卵を低温貯蔵することにより、夏・秋も生糸を収穫できるようになりました。
日本全国から蚕の卵をここに運んできたそうです。

mj46

タモリさん一行はさらに風穴の奥に進みます。

mj47

 トンネルの入り口から100m以上進んだところには、テニスコート1面分ほどの氷の空間がありました。

mj48

天井から落ちる水滴が凍り、それが積み重なってできる氷筍です。

mj56

栗林さんは年間500人ほどこの風穴をガイドしているそうです。
外国人観光客にも樹海ツアーは人気なのだそう。

mj50

かつて日本の基幹産業をここ(樹海)で支えていた。
たしかにテーマ通りでした。

mj51

「花より団子」の近江アナw

mj52

 エンディング。

mj53

おまけ。
鳴沢村の溶岩探しの途中、レストランを発見。

mj54

”末端崖”がお気に入りw

mj55
 
次回(10・29)は富士山麓です。

mj57