伊勢神宮内宮・宇治橋前からスタート。

タモリさんは10数年前にお参りに来たそうです。
近江アナは修学旅行で伊勢神宮に来たことがある。

isej2
 
京都編でも修学旅行で来たと言っていた。
ブラタモリは近江アナの思い出巡りの旅?w

isej3
 
本日のお題は「人はなぜ、伊勢を目指す?」

isej4
 
伊勢神宮・内宮は太陽の神ともいわれている「天照大神 」が祀られています。
20年に一度、すべてを建て替える式年遷宮でも有名です。

isej5

現在でも伊勢神宮参拝者は年間約800万人。
 
isej6

お伊勢参りは江戸時代の庶民の憧れ。
6人に一人はお伊勢参りに来たのではないかと言われています。

isej7

五十鈴川にかかる宇治橋を渡るタモリさん一行。
案内人は伊勢神宮の広報担当石垣さん。

isej9

式年遷宮に伴い、20年に一度この橋も架け替えるそうです。
20年間で約1億人がこの橋を渡ります。
20cmの厚みのあるのこの橋は、架け替える時には12㎝になっているそうです。

isej10

遠くに見える山までが境内。
だいたい世田谷区と同じぐらいの面積があるそうです。

isej11

一行がやって来たのは境内を流れる五十鈴川のほとり。

isej12

五十鈴川で手を清めます。

isej13

皇学館大学の新入生たちと遭遇。
この中から神主さんになる人も(文学部だと2割近くが神社関係に就職)。

isej14

タモリさんのお父さんは皇学館大学(旧神宮皇學館)が第一志望だったそうです。
でも、おじいさんに止められて断念。

isej15

正殿の近くまでやってきました。

isej16

矢印方向に下る傾斜があり、今いる参道から高い方に正殿、低い方に五十鈴川があります。

isej17
 
正殿は河岸段丘 の上に建てられていました。

isej18
 
古より川が氾濫し、低湿地が広がっていた伊勢。

isej19

内宮の正殿は、水害に遭いにくい地盤がしっかりした河岸段丘の上が選ばれたようです。

isej20

正殿にお参りするタモリさん一行。

isej21

江戸時代の内宮の絵図。
タモリさんたちはこの絵に描かれている正殿ではなく、左の方の場所をお参りしたそうです。

isej22
 
 同じ広さの敷地が東と西にあり、20年に一度ご神体を移すのが式年遷宮。
3年前(2013年)は、隣の敷地に正殿がありました(下の写真は2008年撮影)。

isej23
 
式年遷宮は室町時代の一時期を除き、1300年にわたって繰り返されてきました。

isej25

式年遷宮の様子。
白い幕の中にご神体を運ぶ神主さんがいます。

isej26

10数年前、タモリさんが参拝した正殿跡
17年後(2033年)にはこちらに正殿が建ちます。

isej27
 
なぜ式年遷宮は20年に一度なのか。

東京や京都の代表的な神社は漆塗りなどで長持ちさせる工夫がなされていますが、伊勢神宮の建物は古代の建築様式にのっとった建物。
屋根は萱ぶき。
木造部分はすべて檜、接合部分釘や鎹(かすがい)などの金属は使っていません。

isej28

弥生時代に穀物を蓄えた高床式倉庫がモデルと言われている神明造です。

isej29

 一行は、正殿近くにある御稲御蔵(みしねのみくら)に行きます。
神嘗祭などにお供えするお米の倉庫。
このお社も神明造です。

isej31
 
 このお社には全部で12本の柱がありますが、柱と屋根の間には隙間があり、柱は屋根を支えていません。

isej32
 
屋根の重さは壁板にかかっています。 
湿気や害虫の侵入を防ぐために、屋根の重さで壁板の密着度を高めているのです。

isej33

年が経つと壁板は屋根の重さで縮んだり、風化で痩せ、柱と屋根の隙間は狭くなっていきます。

isej34

屋根の重みを受けなくなった壁板に隙間ができ、湿気や害虫の侵入を許してしまいます。

isej35

柱と屋根の隙間がなくなるのがおよそ20年。
式年遷宮が20年一度に行われる理由の一つと考えられています。

isej36
 
 式年遷宮での建物の建て替えは、約1万本の檜が必要。
それを宮大工が加工して8万以上のパーツを作ります。

isej37
 
大量の木材の運搬には水運(五十鈴川)が使われました。

isej38
 
20年たって解体される木材は、また別の場所で再利用されるそうです。
タモリさんが前回参拝した時の正殿に使われていた一部は鳥居として再利用されていました。

isej39

元は正殿の棟持柱。
8万パーツの中でも最も大きな部材です。

isej40

伊勢神宮は常に新しい姿を見せ、その姿に触れたいお参りしたいと大勢の人がここに集まるわけです。
 
isej41
 
人はなぜ伊勢を目指す?(2)外宮と門前町