タモテバコを持ってきたくまモン。

kumamizu1
 
本日のテーマは「”火の国”熊本は”水の国”?」

阿蘇の火山で”火の国”として知られる熊本ですが、”水の国”とはどういう事でしょう? 
今現在タモリさんたちは熊本城がある京町台地の上にいます。
この台地の成り立ちを調べることによって、水の国の秘密が解き明かせるのだそうです。

kumamizu2
 
熊本城前からスタート。

kumamizu3
 
 タモリさん一行は台地の先端にある学校(熊本県立第一高校)にやって来ました。

kumamizu4
 
この台地の地質に詳しい熊本県立第一高校の湊先生。

kumamizu5
 
校舎の裏手にある露頭(地層や岩石が地表に露出したところ)。

kumamizu6
 
崖の地層が阿蘇山の火砕流であることを当てるタモリさん。

kumamizu7

阿蘇はこれまでに大きな噴火が4回ありました。
そのたびに、火砕流が平野に流れていきました。

kumamizu8

ここにあるのは9万年前に発生したAso-4火砕流堆積物。
熊本市街地は高さ40メートルの高さのAso-4火砕流でほぼ覆われています。

kumamizu9

次にタモリさん一行が向かったのは、熊本市の東にある住宅街
ここで水の豊かさを実感します。

川の水がきれいなことに驚くタモリさん。

kumamizu10
 
川で泳ぐ魚が気になる桑子アナ。
色気より食い気w 

kumamizu11
 
橋のたもとで川をのぞき込んでいる青年を発見。
身投げ志願者?

kumamizu12

 阿蘇ジオパーク推進協議会の永田紘樹さんでした。
永田さんの案内で、川のほとりに降りると、川の脇に湧水がいくつもあることがありました。

kumamizu13

普通の川は水源から水が湧き出して流れていますが、ここの川は川の脇にも湧水が無数にあります。
タモリさんもビックリの珍しい川です。

kumamizu14

このすぐ隣には湧き水を生かした観光名所があります。

kumamizu15

水前寺成趣園。
チータ(水前寺清子)はここから芸名をいただきました。

kumamizu16

 タモリ「誰か、力士が火砕龍とかつけてくんないかな…」
確かに強そうだけど、絶対に怒られるw 
 
kumamizu17
 
湧水がある秘密を解明するため少し移動
ここから先は上り坂になっています。

タモリ「台地の末端ですか、ここは」
永田「……はい」
解説の前に正解を出してしまう。
石坂浩二化してきたタモリさんw

kumamizu18

改めて地図を出して説明する 永田さん。

kumamizu19

タモリさんが言ったように、タモリさんたちは台地の際にいます。 

kumamizu20
 
断面図で見るとこんな感じ。

kumamizu21
 
雨が降ると、Aso-4火砕流堆積物に水が染みこみ、高低差で台地の際から水が流れ出てくるわけです。

kumamizu22
 
 Aso-4は水でたぷたぷ?

kumamizu23
 
湧水地は県内で1000ヵ所以上あるそうです。
”水源”という地名も。

kumamizu24

 水の国ならでは水の湧く仕組みを探るために、水前寺から2キロほど離れた”水源”に移動します。

kumamizu25
 
一行は”健軍水源地”という施設にやって来ました。 
井戸のようなものがたくさんあるが、ただの井戸ではない。
タモリ「ただの井戸じゃないなら、自噴する井戸ぐらいしかない」
またも答えを言ってしまった?

kumamizu26

井戸の蓋を開けて中を見せてもらいます。

kumamizu27

自噴する井戸”健軍5号井”。
こうした井戸が市内には113本あり、水道を100%地下水で賄っているそうです。

kumamizu28

この健軍5号井だけで、1日に6万人の市民を賄うことができるそうです。

kumamizu29

 熊本市の地下は2階建ての水がめがあるイメージ。
Aso-4の第1帯水層の下に Aso-1~3の第2帯水層があり、この第2帯水層の水が地下深くから噴き出していたのです。

kumamizu31
 
地下水の水を試飲させてもらいましたが、二人とも「深い」としか言わないw
とにかく、熊本が”水の国”だという事はよくわかました。

kumamizu32

 この豊富な水を熊本の街づくりに生かした人物こそ、加藤清正です。

kumamizu33

清正公がどのように水を街づくりに生かしたのか。
その秘密を探りに、熊本市の中心を流れる大きな川(白川)のほとりに移動します。

kumamizu34

マンションの14階から白川を望む。

kumamizu35

実は清正公は蛇行していた川をまっすぐにして流路を変えていました。

kumamizu36

 400年前の絵図では川は大きく蛇行していました。

kumamizu37
 
この蛇行の痕跡を探しに街に移動します。

繁華街の下通には緩くカーヴしている箇所があります。
これは蛇行した川の痕跡です。

kumamizu38

俯瞰で見ると、この辺りになります。

kumamizu39

かつての白川は熊本城の近くで別の川と合流していました。

 kumamizu40

これを切り離して別の川にすることにより、外堀を白川、熊本城の脇を流れる川を内堀に利用したのです。
さらに二つの川の間を城下町として発展させることができたのです。
 
 kumamizu41

計画的な清正公の治水を見て、反省する70歳w

kumamizu42

さらに中流域にも清正の工夫があります。

熊本市内から阿蘇方面へおよそ13㎞、白川の中流に移動します。

 kumamizu43

鼻ぐり井出公園

kumamizu44
 
ここの案内をしてくれるのは菊陽町教育委員会の岡本さん。

kumamizu45

これが、鼻ぐり井出。

kumamizu46
 
井出とは農業用水路のこと。

kumamizu47
 
鼻ぐりとは牛の鼻輪のこと。

kumamizu48

鼻ぐり井出を調べるために下に降りる一行。
今回調査のため特別に水を抜いてあります。

kumamizu49
 
ここの地層は約14万年前のAso-2火砕流堆積物。

kumamizu50
 
鼻ぐりは人が少しかがんで通れる高さ。

kumamizu51
 
水が流れている鼻ぐりを見ると、水が渦を巻いているのがわかります。

kumamizu52
 
阿蘇から流れてくる白川の水には大量の火山灰が含まれています。
そのため普通の用水では灰が溜まって流れが悪くなります。

kumamizu53

鼻ぐりの壁に水がぶつかり渦ができ、灰が底に溜まらず水の流れが良くなる、という仕掛けです。

kumamizu54

灰が溜まるとメンテナンスが難しい谷底の地形なので、このような仕掛けが考えられたようです。

kumamizu55
 
もともと80か所あった鼻ぐり井出は、江戸時代に壊されて今は24か所しか残っていないそうです。
(鼻ぐりの)水利を知らない役人が壊してしまったのだそうです。

kumamizu56
 
鼻ぐり井出ができたことによって白川中流域に水田が爆発的に増えました。、

kumamizu57
 
この辺りの田んぼはザル田といって、火山性の地質で水が浸透しやすい水田です。
地下に水が溜まることにより、安定した豊かな地下水を熊本の人々に供給することができているのです。

kumamizu58

清正公の都市計画に感服したタモリさん。
これからは計画性を持って仕事にあたりたいという所存でしたw

kumamizu59

おまけ。

桑子アナ卒業。

kumamizu60

タモリ「楽しかったですよ。性格も良くね、お高くもとまってないし、ほんとにイイ娘でした」
タモリさんがこんなに褒めるのは珍しい。

kumamizu61

桑子アナは月~金の「ニュースチェック11」に異動です。