今回は懐かしい昭和歌謡の中でも、ちょと攻めすぎたレコードのご紹介。

shore1
 
 有識者は音楽愛好家の鈴木啓之さん。

shore2

鈴木さんによれば昭和のレコードは何でもあり。
ちょっと人気が出た時の人にとりあえず歌を歌わせてレコードにするのが当たり前の時代でした。 

shore3
 
他にも突拍子もない企画のレコードが数多くありました。

「イエローサブマリン音頭」は覚えてます。
これは結構ヒットしたと思います。

shore4
 
ビートルズの曲を犬にカバーさせるw

shore5
 
鈴木さんの2万枚のコレクションの中から、選りすぐりの攻めすぎレコード3枚を紹介してもらいます。

shore6
 
 ① 少年探偵団 「恐怖の人間カラオケ」 1979年

今でこそ当たり前にあるボイスパーカッションですが…。

shore7

これに30年以上も前にチャレンジしていたレコードがありました。
それが、少年探偵団という劇団が出した「恐怖の人間カラオケ」。

shore8

ピンクレディの「サウスポー」のカバー。

ニュイ~ンジュ~イン、ニュイ~ンジュ~イン♪

shore10

北島三郎の「与作」。

shore11
 
渡辺真知子の「迷い道」。

shore12
 
「人間カラオケ」はもともと劇の演目の一つでした。

shore13
 
今のボイスパーカッションのように洗練されてはいませんが、 1970年代にこれをやっていたことは驚きです。

 ② 尾藤イサオ&ドーン 「剣の舞」 1979年

このクラシックの名曲に詞をつけたのは、数々のヒット曲を生み出した作詞家のなかにし礼さん。

shore14

マジックの定番BGM「オリーブの首飾り」も、

shore15

なかにし礼さんの手にかかると、艶っぽいラブソングに生まれ変わります。

shore16

 尾藤イサオ&ドーン「剣の舞」(1979年)のレコード。

shore17
 
好きか嫌いか嫌いか好きか
はっきり言いなよ今すぐ目の前で♪

shore18
 
かなわぬ恋を嘆いて
われとわが身に剣を刺す刺す刺す♪

shore20

「剣の舞」はアップテンポの情熱的な恋の歌になりました。

shore19

③ 浦辺粂子 「わたし歌手になりましたよ」 1984年

 当時はとにかくちょっと時の人になるとすぐに歌わせる風潮がありました。

shore21

例えば、実業家の大屋政子さん。
(もっともこの人は音楽学校を出て、歌手としてレコードデビューもしていたらしい)

shore22

元ボクサーのたこ八郎さんも。
ボクサー引退後、タレント、俳優として活躍していました。

shore23
 
浦辺粂子さんはバイプレイヤーとして長年活動していた女優さん。 
それが晩年になって、おばあちゃんアイドルとしてブレイク。
鶴太郎さんのモノマネがきっかけだったかもしれません。
 
shore24

82歳でのレコードデビューは当時最高年齢記録でした。

shore25

ルンルンルン ルンルンルン
私の心に春風が♪

shore27

わたし歌手になりましたよ~~!

shore28

こういう企画もののレコードをつい買ってしまった若き日w

有吉くんは「勇気のしるし/唄牛:若丸三郎太」を買ったことがあるそうです。
24時間戦えますか♪

shore29
 
1992年、きんさんぎんさんによって浦辺さんの最高齢記録は破られたそうです。 

shore30

王様のレコード
鈴木 啓之
愛育社
2009-12