ロケ地目黒。
目黒不動尊にはサツマイモを広めた青木昆陽の墓がある、というお話。 

sigeo1
 
ゲストはスピードワゴンの二人。

sigeo2
 
タンドール窯の父とゆかりのある方々。
左から、アショカのバルマさん、シターラのフセインさん、アジャンタのジェイさん、シタールのシンさん。

sigeo3
 
タンドール窯とはナンなどを焼くつぼ型のオーブン。

sigeo4
 
日本のインド料理店にあるタンドール窯のほとんどは高橋重雄さん(1933~2009)というタンドール窯職人によって作られていました。 

sigeo5
 
今回は有名インド料理店の方々に集まってもらい、日本タンドール窯の父、高橋重雄さんの偉大な足跡を紹介してもらいます。

sigeo6

写真左の白いツボがタンドール窯。
タンドール窯は、右のステンレス製のガスオーブンに入っているそうです。

sigeo7

高橋重雄さんの甥にあたる神田川石材商工、現社長竹田伴康さん。
前社長の高橋重雄さんとタンドール窯について、解説をお願いします。

sigeo8

神田川石材のタンドールは高温に強いムライト系セラミックを使用しています。
素焼きのインドのタンドール窯に比べて、2~3倍の耐久性があるそうです。

sigeo9

実際にナンを焼いてもらいます。

sigeo10
 
窯の内側に張りついたナン。
タンドール内の温度は280~300℃。

sigeo12

あっという間にアツアツのナンができました。 

sigeo13
 
皆で試食。
タモリさんお代わり。

sigeo14
 
そもそも、なぜ高橋さんはタンドール窯を作ることになったのか?

高橋重雄 タンドール伝説 第1章

sigeo15
 
1960年代後半。
神田川石材2代目社長、高橋重雄は本業のパン焼き窯の発注が激減し、新たな窯の開発を迫られていた。

ある日たまたま立ち寄った本屋でタンドール窯の記述を発見。

sigeo16

”人がやらないうちにタンドール窯を作ろう”。

そう考えた重雄は北インド料理店アショカで初めてタンドール窯を目にする。 

sigeo17
 
重雄はアショカのチーフシェフのジョンさんにタンドール窯のイロハを教えてもらう。

sigeo18
 
そして1970年頃、国産タンドール第1号が完成。

sigeo19
 
しかし、タンドール窯の需要はなかった。 
なぜならこの当時、東京にインド料理店は3、4軒しかなかった。 

sigeo20
 
1960年代、パン窯の需要は大手パンメーカーの台頭で激減したのだそうです。
町のパン屋さんがパンを焼かなくなった。
 
sigeo21
 
若き日のバルマさん(写真中央)はビートルズのポールに憧れて髪型(マッシュルーム・カット)を真似していたそうですw

sigeo22

 「インド人はナンをあまり食べない」という衝撃の証言。

 sigeo23

「日本に来て初めてナンを食べたインド人もたくさんいる」
「…!」
日本人もビックリ。

sigeo24

ここで、高橋重雄×アジャンタ×アショカのスペシャルコラボプレートが出てきます。

アジャンタのマトンカレー。

sigeo26

 アショカのバターチキンカレー。

sigeo27
 
ナンはインドの家庭では作れない。
高級レストランやホテルで出る高級食材。
 
sigeo28
 
重雄さんはインド料理にはナンがつきものと思いこみ、ナンを使わない南インド料理店にもタンドール窯を売り込んだそうです。
その結果、日本人はインド料理にはナンがつきものと思いこみ、ナンを使わないインド料理店も仕方なくナンを出すようになったのだそうです。
 
sigeo29

高橋重雄 タンドール伝説 第2章 

sigeo30

重雄の運命を変えたのは、バブル期に訪れたエスニック・ブーム。
日本にインド料理店が急増。

sigeo31

これらの店は当初インドからタンドール窯を輸入していたのですが、ほとんどが輸送の途中で割れてしまいました。
すでに日本でインド料理店を開いていたシェフたちによって重雄さんのタンドール窯が紹介され、重雄さんのタンドール窯は瞬く間に全国のインド料理店に知れ渡りました。

sigeo32

重雄さんは炭を使えない商業ビル内の店舗のためにガス式タンドールを開発。

sigeo33

さらに屋外でもナンが食べられるよう、ポータブル・タンドールも開発しました。

sigeo34

生涯約3000台のタンドールを製作。
2009年に永眠。

sigeo35

インドのタンドールは泥などを固めて天日干しにしたもの。
ナンを焼きながら、タンドール窯を焼き上げるのだそうです。
だから、輸送中に割れてしまうのは当然のことだったそうです。

sigeo36


ここで再びスペシャルコラボプレート。
高橋重雄×シターラ×シタール
 
シターラのほうれん草と自家製チーズのカレー

sigeo37

最後にアショカのバルマさんから高橋重雄さんに感謝状を贈呈。

sigeo38

ヒンディ語の感謝状。

sigeo39

「あの時初めて食べたカステラの味、今でも忘れられません」
感謝状の後半は高橋さんと行った長崎旅行の思い出話でしたw 

sigeo40