夏目「詐欺師みたいな動物…どんなものだと思われますか」
有吉「カッコウみたいなね、他の巣に卵を生んで…そういうことじゃないのかな?」
夏目「そういうことじゃないんです」
バッサリw

gitai2

今回は、自分を周りと同化させて敵から身を守る擬態生物の新3大。
一番知られているのはカメレオンですが、身を守るだけでなく、他の目的で擬態をする動物もいるようです。

gitai1

① ミミックオクトパス

1998年に発見された、比較的研究歴史の浅いタコです。
ミミックは”真似る”という意味。

今回の有識者、遠藤教授。
先生はミミックオクトパスのスピーディな変化がたまらない、のだそうです。

gitai3

タコはそもそも周りの景色に溶け込むのが上手い生物。
約3000種類いるタコですが、その擬態の仕方は千差万別。

gitai4

 そんなタコの中でも、遠藤教授が「変装する詐欺師」と絶賛するのがミミックオクトパス。
 
 gitai5

天敵のカニ参上。

gitai6
 
一瞬にして真っ黒になったミミックオクトパスにビビるカニ。
 
gitai7
 
ヒラメに擬態して、海底を泳ぐ。

gitai8
 
他にもカサゴ、海ヘビ、シャコなど、変装パターンは10種類以上あるそうです。 

gitai9
 
タコの表面には色素を持つ斑点があり、筋肉で変形させて体色を変化させているそうです。

gitai10
 
実は私たちになじみのある単色のタコの方が珍しく、世界的には柄のあるタコが主流 。

gitai11

どうやってタコたちが周囲のモノを認識して真似をしているのかは、まだ解っていないそうです。
 
gitai12
 
② ランプシリス

ランプシリスは北米の川に棲む二枚貝。

自分の体の一部を小魚に擬態しています。

gitai22

小魚を狙うブラックバスが近づいてきます。

gitai21

ブラックバスが擬態した小魚に噛みついたとたん、”白い何か”を放出。

gitai15

その”白い何か”はブラックバスのエラに入りこみます。

gitai16

”白い何か”の正体は、ランプシリスの子供。
エラから栄養を吸い取り、食べられやすい時期を安全に生き延びるという戦略です。

gitai17

ランプシリスは「悪女」という話から、スタッフから遠藤先生への質問。

gitai18
 
「騙されるほど、私は魅力的なオスではない」と言い、自らの言葉に凹んでしまう先生w

gitai19

ランプシリスのえげつないやり口に恐れおののく有吉&マツコ。

gitai20

③ タチヨタカ

遠藤先生によると、タチヨタカの擬態は「雑巾をギュギュギュッと絞った感じ」だそうです。

gitai23
 
 タチヨタカが棲むジャングルには擬態する生物が多くいます。
例えば、ムラサキシャチホコという蛾は枯葉に擬態します。

gitai24

これがタチヨタカ。
威嚇モードでは結構目立ちますが…。
 
gitai25

擬態モードでは木の一部になりきります。

gitai26

天敵のタカやワシから身を隠すため、木の一部に同化。

gitai27

昼の間はほとんど動かず、雨の日でも木になりきっています。

gitai28

先生の人が良いのにつけこみ、いじってくるスタッフw

gitai29

芸のないタチヨタカの擬態をいじる有吉くん。

gitai30