シンクロの世界の案内人は、木村真野さんと木村紗野さん。
双子の美人姉妹シンクロ選手です。

 syc1

 双子シンクロ選手マヤサヤ姉妹とは…

現在28歳、愛知県出身。
職業:プロ・シンクロナイズドスイミング選手(よしもとクリエイティブエージェンシー所属)

4歳の時に人魚姫に憧れてシンクロを始めたそうです。
13歳でジュニアオリンピック3連覇。
21歳で日本代表入り。
22歳の時、ワールドトロフィーで銅メダル獲得。
24歳で日本代表を引退したのち、今年カザン世界水泳マスターズで金メダル獲得。

syc2

下世話な話になりますが、マヤサヤ姉妹の実家は相当な資産家のようです。
名古屋にある豪邸は、4番地にわたる面積。
月の仕送りは生活費を除いて200万。
ご両親からはAMEXのブラックカードを渡されているそうです。 

歯があまりにも白いのが気になったのですが、これはセラミックラミネートべニアという施術を受けて白くしたようです。
自分の歯を薄く削って、人工の歯を被せるという方法です。
せっかく可愛い姉妹なのに、白すぎる歯に目が行ってしまいます。
やりすぎでは…と思いますが、プロのシンクロ選手としての意気込みなのかもしれません。

真野さんからマツコさんに、「なぜシンクロ選手は笑顔で泳いでいるのか?」という質問がありました。
マツコ「真顔でやっているときつい顔になってしまうから、無理に笑っている」
マヤサヤ「あ、正解です」
まさかの正解でしたw

syc3

シドニー・アテネのオリンピック銀メダリストの武田美保さんのインタビューによると、笑顔もちゃんと練習していて、しかも曲に合わせて何種類かの笑顔があるのだそうです。

 シンクロ2強時代

2015カザン世界水泳大会でシンクロ日本代表は8年ぶりに銅メダルを獲得しました。
しかし、日本が破らなければならない上位2チームはかなりの強敵だそうです。

まず一つは、アジア№1の中国。
2008年北京五輪で銅、2011年ロンドン五輪で銀。

syc4
 
<中国の強さ>

① 中国雑技団の先生が指導
② 体の柔らかさを活かしたリフト 

 <中国の特徴>

① 柔らかくしなやかな足技
② 選手同士の泳ぐ距離感が近い
③ 絶対真似出来ないオリジナル技 

syc5
 
そして、常勝シンクロ帝国ロシア。
2000年シドニー五輪からロシアは全種目で4大会連続で優勝。

syc6
 
<ロシアの強さ>

他国はプールの半分ぐらいを使い演技するが、ロシアはプール全体を使う

<ロシアの特徴>

① 世界一の高さを誇るジャンプ
② テンポの速いスキのない演技
③ 全くくずれない足技の同調性
④ 疲れのたまるラストに激しい大技

  シンクロ生実演

スタジオに特大水槽が用意され、妹の紗野さんがシンクロの基本技を実演してくれました。

  上向き水平姿勢

スカーリングという手の動きで体を水平に浮かせる姿勢。

syc7
 
 バレーレッグ姿勢

上向き水平姿勢から片足を垂直に伸ばす姿勢。
ここまでやれるようになるにはどんなに早くても2年かかるそうです。

syc8
 
  フラミンゴ姿勢

片足を垂直に伸ばし、もう片足はひざを曲げる姿勢。

syc9
 
 コンティニアス・スピン

両足をそろえて2回以上左回転しながら沈んでいく技。

syc10
  
曲のタイミングに合わせて体の向く方向が決まっているそうです。
だから、団体演技でもきれいに揃うのですね。
  
 リフト

最後は大技のリフト。
一人ではできないので、マヤサヤ姉妹の後輩のコが入ります。

syc12

水中で肩を支えて…

syc13
 
一気に持ち上げます。

syc14
 
16歳のキュートな笑顔。

syc15
 
 身も心も限界寸前!選手の裏側 

シンクロ選手は1日10時間以上の練習をこなしているそうです。

syc21

しかも、練習中は足をつかずに水中でずっと動き続けているそうです。
コーチの指導を聞くときも立ち泳ぎです。

消費カロリーが半端ないので、食べる量もすごい。
1日に摂取するカロリーは成人女性で1600㎉ですが、シンクロ選手は5000~7000㎉。

syc22

これがシンクロ選手のある日の食事です。

syc16

syc17

syc18

syc19

真野さんは一度に38個のドーナツを食べたことがあるそうです。
痩せたい人は水泳ですね。

syc23

シンクロは華やかなスポーツですが、女子の世界でもあるので水面下は実はドロドロなんだそう。
偶然を装って、他のコのノーズクリップを叩き落としたり、体を蹴とばしたり、という嫌がらせがあるのだそうです。

syc20

紗野「(こういう水面下の闘いでも)勝ってきたのがオリンピックの(代表)9人」
マツコ「見方変わるわ!」
身体能力も気の強さも超一流じゃないと、シンクロ界ではトップになれないようですw

名コーチ井村雅代さんもシンクロ日本代表チームに戻ってきたので、リオ五輪が楽しみですね。