知られざるプロテニスの天国と地獄

勢い余ってフィリップめくりをちょっとしくじる松岡さん。

matuoka1

松岡「焦るなっつっただろ!」
松岡さんの目にはもう一人の松岡修造が見えていますw

matuoka2

グランドスラム(4大大会)の優勝賞金は松岡さんが現役だった頃(20年前)の5倍になっているそうです。
たとえ、1回戦敗退でも400万円もらえることもあるそうです。

matuoka3

 しかし、そのグランドスラムに出場する(世界100位以内ぐらい)までがいばらの道。
たいていの選手はピラミッド下部のフューチャーズ、チャレンジャーの段階で諦めてやめてしまうそうです。

matuoka4

錦織選手は天才だったので、フューチャーズ、チャレンジャーの試合をほとんど経験していないそうです。
松岡さんに言わせると、彼は(世界で)5年に一度の逸材だそうです。

matuoka5

そこでテニスツアー下層部の過酷な環境をよく知る人物が紹介されます。

matuoka7

松岡「トモ!」
「ハイ!」
TBSアナウンサーの石井大裕(いしいともひろ)さん登場。
マツコ「あ、知っている、朝けっこうウザい」
私は知りませんでしたが、この人も松岡さんばりに熱くてウザいアナウンサーらしいですw

石井アナも修造門下の元テニス選手で、プロツアーを回っていたようです(下層部専門)。

matuoka6

観客のいない普通のテニスコートでセルフジャッジで試合をし、専用のシャワーもトイレもない安宿に泊まり、世界各地を転々とするのが下層部のプロツアー。

matuoka8

そんな日々の中、石井選手は怖い体験をしたそうです。

matuoka9

深夜1時ごろポーランドに着き、そこからさらにタクシーで100㎞移動しなければならない。

matuoka10

ところがタクシーは森に入ると停まります。

matuoka11

タクシーから降りた運転手は石井選手に銃を突きつけ、「金を出せ」。

matuoka12

松岡「ウソだろ!?」
アンタのリアクションがウソだろww

matuoka13

怖い話のはずが、テニス漫才になってましたw

matuoka14

石井アナ、唯一の見せ場を師匠に全部持っていかれました。

 フューチャーズで戦う日本の若手選手

プロツアーの最下層、フューチャーズで頑張っている日本の若手選手の紹介です。

matuoka15

マツコさん、ダニエル太郎に食いついてました。

matuoka16

そう言えば、若手芸人でマサイ族とのハーフのリロイ太郎っていましたね。

 もっとテニスが楽しくなる修造講座

まずは男子プロテニス界のビッグ4を…

matuoka17

知ってごらん。

 matuoka18

ロジャー・フェデラー(33)
史上最多となるグランドスラム17勝。
全豪4回、全仏1回、全英7回、全米5回。

matuoka19
 
アンディ・マレー(28)
イギリス人として77年ぶりに全英(ウインブルドン)優勝。
全米1回、全英1回。

matuoka20
 
ラファエル・ナダル(29)
クレイコートに強いスペインの選手。
全仏オープン11年間で9回優勝。
全豪1回、全仏9回、全英2回、全米2回。

matuoka21
 
ノバク・ジョコビッチ(28)
弱点のないテニススタイル。
全豪5回、全英3回、全米1回。

 matuoka22

この10数年はこの4人の誰かがグランドスラムを取っているという状況でした。

しかし、最近になってこの4人の座を脅かす選手たちが出てきました。
それがこの3人。

マリン・チリッチ(26)
身長198㎝。
2014年、錦織圭選手を下して全米オープン初優勝

matuoka23

スタン・バブリンカ(30)
鋭く強烈なバックハンドが武器。

matuoka24
 
王者ジョコビッチを破り、2015年全仏初優勝。
テニスプレイヤーなら一度やってみたいポールまわし。

matuoka26

ロシュ・ラオニッチ(24)
最高速度240キロを超える超高速サーブを持つ。

matuoka25
 
そのラオニッチが、マツコを狙いますw

matuoka27

 速いっ!
ボールは見えず、爆発音しか聞こえません。 

matuoka28
 
さすがに元プロ選手、ボード越しながらもボールにラケットの面を合わせています。

matuoka29
 
サーブは0.2~0.3秒でコートに届くそうです。
レシーバーはその間に左右に反応することになります。
 
 錦織圭グランドスラム全制覇!?

松岡さんによれば、錦織選手は2年以内にグランドスラム(4大大会)のどれか一つを取れば、

 matuoka30

現役中に4つのグランドスラムをすべて取ることができるそうです。

matuoka31

そんな錦織選手を、

matuoka32

現在世界ランキング5位の錦織圭選手。
2012年全豪オープン、対マレー戦で見せた股抜きロブ。

matuoka33

松岡さんによると、ビッグ4のうち3人はコート深くに位置する守り型の選手。
対して錦織選手はエンドライン上に立ち、速く強い球を打ち返すことができる攻撃型。
これが錦織選手の強みだそうです。

 伊達公子と松岡修造

「だってだって伊達なんだもん♪」
スベッてへこむ松岡テニス協会強化本部副部長。

matuoka34

マツコに励まされ、

matuoka41

自分を叱るw

matuoka36

松岡さんと同時期に活躍した伊達公子選手。
彼女は1995年に世界ランク4位になり、翌96年26歳で引退を表明しました。

松岡さんは伊達選手の引退を惜しみ、「お前は俺をバカにしているのか…」と長い手紙を書いて慰留したそうです。
松岡さんによると、彼女は海外生活が肌に合わず、ツアー生活に嫌気がさして引退を決意したそうです。

matuoka37

その彼女も37歳で現役復帰、2013年には大会最年長の42歳でウインブルドン再出場という偉業を成し遂げました。
44歳の今も現役を続けている伊達さんと松岡さんが話をした時に、彼女は「テニスを愛している」と言ったそうです。
若い頃伊達さんがテニスが嫌いになっていたことを知っていた松岡さんは、それを聞いて涙が止まらなかったそうです。

松岡さんは自分のテニス選手生活を振り返った時、唯一自慢できることがあるそうです。
それは世界のルールを変えたこと。

試合中、痙攣で突然倒れた松岡選手。
結局、この試合は棄権で敗退。

matuoka38

当時試合中選手に触れることは禁じられていましたが、この松岡選手の痙攣をきっかけに試合中でも治療が受けられるシュウゾウマツオカルールが作られたそうです。
*悪用する選手が出てきたため、2010年にシュウゾウマツオカルールは廃止

matuoka39

松岡「僕は人を応援するのが大好きなんです」
マツコ「じゃ、私はそんな松岡さんを応援するわ」
松岡「え……今日は”マツコをねらえ!”でやってきました。僕の心はエースを捉えた、ありがとう」

matuoka40

最後まで松岡ペースでしたw



錦織圭 限界を突破する瞬間
石井 大裕
KADOKAWA/角川学芸出版
2015-06-24