6月18日放映の読書芸人第2弾で紹介されたオススメの本をご紹介します。

読書芸人はピース又吉さん、オアシズ光浦さん、オードリー若林さん。
MCは雨上がり決死隊。
ゲストは市川紗椰さん。

amedoku1

 又吉直樹が選ぶ10冊 (紹介順)
 
① 人間小唄 町田康

人間小唄 (講談社文庫)
町田 康
講談社
2014-01-15

 
② 長嶋少年 ねじめ正一

長嶋少年 (文春文庫)
ねじめ 正一
文藝春秋
2014-09-02


③ 句集 熊野曼荼羅 堀本裕樹

熊野曼陀羅
堀本裕樹
文學の森
2012-09-15

 
④ 赤頭巾ちゃん気をつけて 庄司薫 



⑤  杳子・妻隠 古井由吉


 
⑥ 香水 パトリック・ジュースキント

香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)
パトリック ジュースキント
文藝春秋
2003-06


⑦ コインロッカーベイビーズ 村上龍



⑧ コルバトントリ 山下澄人

コルバトントリ
山下 澄人
文藝春秋
2014-02-10

 
⑨ 庶民烈伝 深沢七郎

庶民烈伝 (中公文庫)
深沢 七郎
中央公論新社
2013-01-23


⑩ 笑うな 筒井康隆

笑うな (新潮文庫)
筒井 康隆
新潮社
1980-10-28

 
⑪ 月の砂漠をさばさばと 北村薫



⑫ 漁港の肉子ちゃん 西加奈子



 ⑬ こちらあみ子 今村夏子

こちらあみ子 (ちくま文庫)
今村 夏子
筑摩書房
2014-06-10

 

又吉さんは10冊に絞り切れず、13冊になりました。

若林「コインロッカーベイビーズ、嬉しいスね」
光浦「10代とか20代に読むべき本かな」
市川「私、結構読んでる本あります。”人間小唄”とか”(漁港の)肉子ちゃん”とか、”笑うな”とかも読んでて…」 

このあと、又吉さんが「人間小唄」のあらすじを紹介。
監禁された作家が解放されるために犯人から要求されたいくつかの課題をクリアする(例:人気ラーメン店を作る)お話だそうです。 
 
 光浦靖子が選ぶ10冊

① ふくわらい 西加奈子

ふくわらい
西 加奈子
朝日新聞出版
2012-08-07






② 自分を好きになる方法 本谷有希子 

自分を好きになる方法
本谷 有希子
講談社
2013-07-26

 
③ 八日目の蝉 角田光代

八日目の蝉 (中公文庫)
角田 光代
中央公論新社
2011-01-22


④、⑤ グロテスク 桐野夏生

グロテスク〈上〉 (文春文庫)
桐野 夏生
文藝春秋
2006-09





グロテスク〈下〉 (文春文庫)
桐野 夏生
文藝春秋
2006-09

 
⑥ パンク侍、切られて候 町田康



⑦ 不道徳教育講座 三島由紀夫

不道徳教育講座 (角川文庫)
三島 由紀夫
角川書店
1967-11-17


⑧ 我が性と生 瀬戸内寂聴

わが性と生 (新潮文庫)
瀬戸内 寂聴
新潮社
1994-03-01


⑨ ノラや 内田百閒

ノラや (中公文庫)
内田 百けん
中央公論新社
1997-01-18


⑩ 夢野久作全集 4 夢野久作

光浦「グロテスク、私は好きですけどね…桐野夏生さんの意地の悪いところが大好きで、いい気になったブスとか貧乏臭いとことか、ガッとやってギャッとやるの(以下、グロテスクの名場面“靴下を落としたシーン”を解説)」

 若林正恭が選ぶ10冊

① 教団X 中村文則

教団X
中村 文則
集英社
2014-12-15


② 私とは何か 平野敬一郎




③ 強く生きる言葉 岡本太郎

強く生きる言葉
岡本 太郎
イースト・プレス
2003-04-01


④ 何者 朝井リョウ

何者
朝井 リョウ
新潮社
2012-11-30


⑤ すべて真夜中の恋人たち 川上未映子

すべて真夜中の恋人たち
川上 未映子
講談社
2011-10-13


 ⑥ 燃えよ剣 司馬遼太郎

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社
1972-05





燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社
1972-06

 
⑦ 夢を与える 綿矢りさ

夢を与える (河出文庫)
綿矢 りさ
河出書房新社
2012-10-05


⑧ 教養としてのプロレス プチ鹿島



⑨ サラバ 西加奈子

サラバ! 上
西 加奈子
小学館
2014-10-29


サラバ! 下
西 加奈子
小学館
2014-10-29



「教養としてのプロレス」は世の中のすべてをプロレス的思考で読み解く本で、若林さんはこれを読んでからプロレスファンになったそうです。 

「教団X」は作家も薦める人が多いそう。
又吉さんも、光浦さんも読んだそうです。
又吉「10年に一度あるかないかの読後感」

サラバは”30代のクズを救う本”。
若林さんはこの本で泣いたそうです。 

西加奈子さんの作品は3人すべてのオススメに入りました。
市川さんは「きりこについて」が好きだそうです。

きりこについて (角川文庫)
西 加奈子
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-10-25