昭和40年頃、住所表示制度の施行によって、東京の古い地名はごとごとく消えてゆきました。
中でも台東区浅草は多くの旧地名が消えた場所。

kisa1

今回は”失われた地名の痕跡”を探して、浅草の町を徹底調査します。
アドバイザーは地図研究家の今尾恵介さん。

kisa2

ゲストは東京03のお三方。
ブラタモリ企画なら、テレ朝の女子アナを呼んでガッツリパクッてほしかったw

kisa3

一行が今いる場所は浅草4丁目の富士公園ですが、旧地名は”象潟(きさかた)”。

kisa4

 新旧の地図で比較すると、浅草3~5丁目は旧地名象潟1~3丁目。
 
kisa5
 
そもそも象潟は江戸後期に地殻変動で消滅した本庄藩(現在の秋田県)の景勝地。

kisa6
 
上は現在の秋田県象潟地域。
地殻変動以前は田んぼのところが潟湖で緑の部分が小島だったそうです。

江戸時代、本庄藩藩主六郷氏の下屋敷が浅草寺の北側にあったことにちなみ、明治5年このあたりは象潟という地名になりました。
そして、昭和41年に住所は浅草に変更されました。

kisa7

ということで、タモリ一行は今は亡き象潟の名残りを探します。
で、割とあっさり発見。

 kisa8

今尾先生によると、消火器は旧町名の宝庫なんだそうです。

kisa9

電柱にも発見。

kisa10
 
町内会の掲示板にも堂々と…。

kisa11

ポスターには象潟のロゴのようなものまであり、地元住民の旧地名への愛着が感じられます。

kisa12

わざとらしく一行を誘導する東京03飯塚。
ロケハンしたスタッフにあらかじめ痕跡を教えられている疑惑w

kisa13
 
で、飯塚の導きに従うと…
お店の看板に”象潟”

kisa14

老舗のカリントウ屋さん。

kisa15

象潟の名を冠した商品発見。

kisa16

そして、ついに象潟の総本山、象潟町内会の建物。
六郷氏下屋敷跡地だそうです。

kisa17

一行は自転車に乗る和服のオバサンにからむが、ほぼ無視されるw

kisa18

象潟町会長がお出迎え。

kisa19

 
ここから2チームに分かれ象潟探し対決。

 kisa20

最初の問題は10段階で難易度3キサカタ。

kisa21

ゲーム開始。

kisa22

 早速タモリさんが、掲示板を発見。
しかし、これは引っかけ。
ゾウサン町会は象潟三丁目の略。
子どもが喜びそうw

kisa23

続いて、またも負けず嫌いのタモリさん発見。

kisa24

 小料理屋の看板。
これが正解。

kisa25
 
”象三”が不正解で、”きさがた”が正解。 
ビミョーな出題w
 
次は難易度上がって6キサカタ。

kisa26

今度は今尾先生が正解。
旧住所のままの表札。

kisa27

今尾先生は目黒区で「東京府 荏原郡 目黒町」という表札を発見したことがあるそう。
この旧住所は昭和7年より前ということになるそうです。 

kisa28
 
タモリチームは電柱の象潟も発見したのでトータル10キサカタ。
東京03チームは、0キサカタ。

よって最後の問題は、バラエティお約束の難易度11キサカタ。 

kisa29

 結局タモリさん発見。
そば屋さんの看板。

kisa30
 
女将がタモリさん”だけに”イチゴをプレゼントw 

kisa31
 
台東区内の他の旧町名も調査。

kisa32

今の浅草6丁目は旧猿若町。
 
kisa33
 
江戸時代、このあたりには芝居小屋があったそうです。

kisa34

”猿若”という町名は、江戸歌舞伎の始祖、猿若勘三郎にちなむと言われているようです。

kisa35

東京03の豊本&角田がすでに猿若の痕跡を探すロケに行っていました。 

kisa36

 整骨院の店名に猿若が。

kisa37
 
着付け・茶道教室の名前にも。

kisa38
 
和風レストラン「若」。
これは猿若の”若”?

kisa41
 
ご主人に確認したところ、猿若の”若”でした。

kisa42
 
このお店には「猿若のりカツロール」もありました。

kisa40

 現在の北上野2丁目はかつての山伏町。

kisa43

 北上野2丁目の町内会の建物は「山伏会館」。

kisa44
 
現在の浅草2~6丁目、花川戸1~2丁目は旧町名、馬道。

kisa45
 
 カラオケ屋さんにその痕跡が残っていました。

kisa46
 
平均年齢が高そうなステージ付きのお店。

kisa47

 ところで、先ほどの”象潟探しゲーム”に優勝したタモリチームには、

kisa49
 
象一町会、象潟町会、象三町会の3会長の直筆サイン入り色紙が授与されましたw