Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。









花のみちからスタート。

a1

ゆく手に見える宝塚大劇場。

a2

宝塚といえば、「宝塚歌劇団」。

a3

意外にも宝塚のミュージカルを見たことがあるタモリさん。

a4

今回のお題は「ナゼ宝塚は娯楽の殿堂になった?」

a5

案内をしてくれるのは歴史研究家の直宮憲一さん。

a6

宝塚大劇場には年間117万人もの人が訪れる。

a7

都会から離れた郊外の町になぜ娯楽の殿堂が生まれたのか?

a8

その疑問を解く前に、まずは宝塚大劇場を見学します。

a9

案内するのは阪急電鉄・歌劇事業部の宇治宮利行さん。

a10

お土産物屋さんも充実。

a11

ゴージャスな気分を盛り上げるシャンデリア。

a13

いよいよ劇場の中へ。

a14

豪華な劇場ロビー。

a15

現役タカラジェンヌがお出迎え。

a16

星組のトップコンビ。

a17

年間250公演をこなしています。

a18

かねがねミュージカルに抱いていた疑問w

a19

宝塚歌劇は女性から見た男性の理想像を見せている。

a21

プライベートでも娘役はスカートしか履かない。
男役はスカートとはお別れする。

a20

俺は(スカート)履きたいw

a24

トップスターの介護w

a22

客席数2550席。
25年間で延べ2500万人以上が訪れました。

a23

初代の宝塚大劇場ができたのは、大正13年。
収容人数4000、開場当時日本一の大きさを誇りました。

a25

日本の娯楽に革命を起こした宝塚歌劇団のレビュー。
歌と踊りで観客の心をつかみました。

a26

一大ブームを巻き起こしたのが「ベルサイユのばら」。
昭和49年以来何度も上演されている名作です。

a27

宝塚は日本が誇る娯楽の殿堂。

a28

そんな娯楽の殿堂が郊外の町にあるのは不思議。

a29

ブラタモリなので、やっぱり地形が出てくるw

a30

続きを読む









世の中はビッグデータの時代。
あの国土地理院も登山者の移動経路のビッグデータを利用して、地図上に記されている登山道の修正に乗り出した、というお話。

a1

ゲストはガダルカナル・タカさん、ケンドー・コバヤシさん。

a2

意外にも初タモリ倶楽部のケンコバ。

a3

男性に夢を届けてくれるデリヘル。

a4

「アタリのデリヘル嬢を引きたい」。

a5

ただその思いから風俗のビッグデータを分析した「痴の巨人」がいた。

a6

彼は文章を分析するソフトを駆使し、デリヘルホームページの文章を分析。

a7

アタリの女の子を見極める独自のメソッドを開発。

a8

今回その分析結果を直木賞作家、道尾秀介さんが評価します。

a9

今夜ナイトライフの歴史が変わる(かも)。

a11

タイトル。

a10

道尾さんは空耳アワーの常連投稿者。
下ネタ作品が多い。

a12

痴の巨人、素人童貞(25)さん。
職場バレとかがまずいので顔出しNGですw

a13

ビッグデータ解析に使用したソフトはKHコーダー。
立命館大学の樋口准教授が開発したテキスト分析ソフト。
ネットで公開されているフリーソフトです。

a14

KHコーダーは、新聞や小説などの頻出ワードの調査研究などに使われるソフト。

a15

エロ勘定奉行はないw

a16

デリヘル嬢1020人分のデータを分析。

a17

デリヘル店のHPには女の子の自己紹介欄と、

a18

お店の人のコメント欄がある。

a19

素人童貞さんは女の子の自己紹介欄は信用していないので、お店の人のコメント欄を分析対象にした。

a20

素人童貞さんは紹介文を読んでから女の子を呼んで確認という”作業”wを繰り返し、お店の人の紹介文は信用できるという結論に達した。

a21

ビッグデータ分析① デリヘル店170店の指名ランキングベスト3のデリヘル嬢の紹介文を分析。

a23

人気デリヘル嬢の紹介文に頻出する単語。

a24

ケンコバは1位を「目を疑う」と予想w

a25

道尾さんは「満足・リピート」。

a26

タモリは「抜群」。

a27

正解は「お客様」。

a28

「お客様」の使用例①

a29

「お客様」の使用例②

a30

これは海援隊w

a31

「お客様」はアタリを引くための注目ワード。

a32

続いて指名圏外のデリヘル嬢の紹介文頻出ワード。

a33

意外にも指名上位のデリヘル嬢の紹介文頻出ワードと被りが多い。
注目すべきは2位の単語。

a34

道尾さんは「ピッタリ」と予想。

a35

続きを読む









「御三家和菓子の世界」の案内人は永春文庫副館長、橋本麻里さん(45)。

a13

和菓子御三家(橋本セレクション)。

a2

一番若い鶴屋吉信でも伊能忠敬が測量を開始した頃に創業。

a3

 オススメ和菓子3選

橋本さんが考える和菓子の魅力。

a4

連想ゲーム:色・形・名前から物語を連想しながらいただく

a5

鶴屋吉信 松の寂


和服の人が運んでくるかと思ったら、女子プロ研修生みたいなのが来るw

a6

冬の松の木に雪がしんしんと降る姿を表現。
宇治抹茶のすり琥珀に丹波大納言小豆をちらしている。
1296円(税込・12個入)

a8

文学うんちくがやたら長い案内人w

a9

両口屋是清 御題菓子「竹取物語」

両口屋是清は尾張徳川家の御用菓子。

a18

御題菓・竹取物語
1836円(税込)

a10

見た目よりはるかにあっさりした味。

a11

20分あれば、1本完食は余裕w

a12

虎屋 夜の梅

羊羹と言えばこれ。

a14

長時間練り上げ、砂糖の含有量が多いのが特徴。

a15

-40℃でも凍らず南極観測隊も食べられた。

a17

少し硬く、少し甘く、後味が良い。

a16

小豆の粒が夜の闇の中に咲く梅の花を表現。

a19

どうしても日本文学を語ってしまう案内人w

a20

恋の話はNGですw

a21

 テレビ初公開!虎屋3つの秘密

珍しくスーツを着ているプロデューサー。

a22

いつもの格好を表現すると、放送禁止用語が浮かぶw

a23

虎屋のヒミツ① 一代一人制度

a24

虎屋黒川家の一代一人制度。
黒川家に兄弟が何人いても虎屋に入社するのは一人だけ。

a26

代替わりの儀式:京都の店にある神聖な部屋で
新当主が一人で毘沙門天像を拝む

a28

家督争いを防ぐため?

a27

続きを読む

このページのトップヘ