Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。









路傍の石のように見えるがこれも五輪塔。
よく見ると地・水・火・風・空を分ける線が入っている。

k1

一石五輪塔と言い、庶民の五輪塔です。
木下さんの推測では100~200万は埋まっているかもしれない。

k2

庶民の五輪塔に思いをはせる。

k4

パナソニック。

k5

クボタ。
企業墓:企業が会社の物故者の慰霊などの目的で建てた石塔

k6

フグの供養塔。

k7

シロアリの供養塔もある。

k8

この橋から先は聖域中の聖域。
テレビ撮影はできない。

k9

橋を渡った奥にある燈籠堂に空海の御廟があります。

k10

橋から先は3人だけで参拝。

11

参拝を済ませて戻ってきました。
平日でも結構たくさんの人がお参りに来ているそうです。

k11

あじみ地蔵

k12

空海はまだ生きていると考えられているので、毎日1日2回ここで食事を作っている。

k13

このお地蔵さんは空海の食事の味見をする。

k14

10時半に出した御膳が帰ってきました。

k15

食事を提供する仕事は1200年間ずっと続けられています。

k16

精進料理ですが、パスタや焼きそばを出すこともある。

k18

壇上伽藍は生きていた空海のステージ。
奥の院は魂となった空海のステージ。
これが空海テーマパークの仕掛け。

k19

高野山霊宝舘
最後に空海がこの世に実在した証を見せてもらいます。

k20

案内をしてくれるのは先ほど金堂の両界曼荼羅を解説してくれた山口文章さん。
霊宝館の館長でもあります。

k21

続きを読む









先週の続き。

k1

今週も世界遺産に指定され、年間180万人の観光客が訪れる高野山をブラブラします。

k3

旅のお題は「高野山は空海テーマパーク!?」。

k2

東西4kmにわたる高野山には2つの重要な聖地があります。
一つはお堂や仏塔が建ち並ぶ壇上伽藍。
もう一つは空海の御廟がある奥の院。

k4

案内人は先週に引き続き高野山大学の木下先生です。

k5

先週とダブりますが、壇上伽藍の根本大塔からスタート。

k6

空海は31歳で遣唐使として中国に留学。
わずか1年で優秀な成績をおさめて帰国した。

k8

しかも、中国の密教のトップから次世代の後継者として指名されていた。

k7

空海は1年で帰れてラッキー。
次の帰国便は30年以上あとだった。

k9

空海が帰国していなければ、この高野山もなかった。

k10

空海がもたらした真言密教について少しお勉強します。

k11

先生は総本山金剛峰寺の山口文章さん。

k12

壇上伽藍にある祈りの中心地、金堂を案内してもらいます。

k13

高野山総本堂の金堂の内陣
内陣:仏様を祀っている場所

k14

左右にかかっている軸を両界曼荼羅という。

k15

曼荼羅とは仏教の世界を図によって表わしたもの。

k16

右手にあるのが「胎蔵界曼荼羅」。

k17

左手にあるのが「金剛界曼荼羅」。

k18

真言密教は言葉で理解するのがとても難しい。
両界曼荼羅なしには真言密教の教えは伝えられない。

k19

つまり、この両界曼荼羅は空海の思いを図解したもの。

k20

胎蔵曼荼羅は物質的な広がりを表わしている。

k21

真ん中に中心のエネルギーがあってそこから四方八方に広がってる。

k22

太陽を中心とする太陽系の星々。
核を中心とする細胞。
中心があって、そこから広がりを持つ物質の世界。

k23

一方、金剛曼荼羅は9つに分かれている世界のつながりやストーリー。

k24

右下から始まって、反時計回りに回り真ん中に到達。
時間の概念が入っている。

k25

続きを読む









都営大江戸線は2000年に開通しているので、もうすでに17年経っている、というお話。

s1

ロケ地:都営大江戸線・国立競技場駅

s2

ゲストは、能町みね子さん、土屋礼央さん。

s3

今回のテーマは、2000年の大江戸線開通の際、大幅にリニューアルされた地下鉄路線図。

s4

実はこの路線図は大手デザイン事務所ではなく、個人デザイナーが手がけたもの。

s5

そのデザイナーが、大西幹治さん。

s6

愛媛県出身。
お父さんは伊予鉄道の運転手。
主にキャラクターを使った子供向けの商品のデザインを手がけていました。

s7

大西さんが手がけた新しい地下鉄路線には画期的なアイデアが盛り込まれています。

なぜ新宿駅はひょうたん型?

s8

なぜ大江戸線は楕円形?

s9

そんないくつもの謎を製作者である大西さん本人に伺って解き明かしてゆきます。

s10

国立競技場駅の券売機の前、集合w

s11

まずは路線図をデザインすることになったきっかけを聞いてみます。

s13

別件の打ち合わせである業者さんのところに出向いた際、隣のテーブルに路線図があった。
大西「で、(自分を指さして)路線図好きじゃないですか…」
知らんわw

s16

そこで地下鉄路線図のコンペがあることを知り、一念発起して応募。

s17

大江戸線開通以前(1999年)の地下鉄路線図(都営版)。

s15

大西さんデザインの新しい地下鉄路線図。
リアルよりも見やすさ優先?

s18

大西さんはどのようにデザインをしたのか?

s19

”大江戸線を丸くし…”
糊つけすぎw

s20

大江戸線の丸い形ありきでデザインを開始した。

s21

実際の大江戸線。

s22

地方出身者は山手線の丸いイメージに憧れがある!?

s23

福岡出身のタモリさんも共感w
環状線は都会っぽい、らしい。

s24

実は大西さんのお父さんが運転していた伊予鉄道も1周7.4㎞の小さな環状線。
環状線に思い入れがあるんだな…。

s25

当初は皇居を中心にすべての路線を同心円状に配置しようとしたが、さすがにそれは無理があった。

s26

大手町、ラスボス感出すぎ問題w

これは実際大手町で乗り換えるとわかります。
路線図の大手町駅は5路線の大手町駅の集合体。

s27

大手町も地方出身者の憧れらしいw

s28

コンペの際、大江戸線を楕円で表現したのは大西さんだけだった。

s29

もう一つのアイデアは、”駅名を白枠に入れた”。

s30

1999年以前は駅名は白枠の外に表記されていたが、白枠の中に納めた。

s31

触手を持つ上野御徒町のモンスター感w

s32

続きを読む

このページのトップヘ