Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。




花街の移転と西楼門のズレはどう関係しているのか?

gion01

20世紀に入り、四条通に市電(路面電車)が開通。

gion62

明治以前の道幅(赤)。

gion61

市電が通るので、道路を北側に広げた。

gion60

道路の拡張に伴い、風景を整えるために西楼門が道路の正面になるように移した。

gion63

市電が通り、四条通は老若男女誰しもが行きかう街になっていった。
そこに花街があるのは風紀上よろしくない。

gion64

大正元年、四条通に面したお茶屋は営業禁止に。

gion65

 一力亭の玄関も花見小路側に移される。
花街が四条通の南側に移転した理由は、京都の近代化にありました。

gion66

ところで、花街はなぜ祇園と呼ばれているのか?
八坂神社で、その由来がわかるそうです。

八坂神社は祇園社?

gion68

 この石灯籠はペリーが来航した江戸時代後期のもの。
 
gion69

江戸時代、ここはお寺と神社がセットになって「祇園社」と呼ばれていた。

gion70

 江戸時代の祇園社。

gion71
 
祇園(精舎)は仏教寺院を意味する仏教用語。 
明治の廃仏毀釈により、「祇園」の名を冠することをやめた。

gion72

鎌倉時代に建仁寺ができるまで、祇園社の境内は広大(オレンジ)だった。
花街があるあたりを祇園と呼ぶのは当然のこと。

gion73
 
タモリさんたちは祇園社の時代に建てられた本殿を見に行きます。
本殿の中はテレビ初公開。

gion74

 まずは参拝。

gion75
 
この本殿は神様を祀る建物(神殿)と人が拝むための建物(拝殿)が一体になった神社としてはとても珍しい造り。

gion76
 
この本殿の造りは「祇園造」と呼ばれる。
神仏習合時代の名残があるとても貴重な建築様式。

gion77
 
ところで、花街のシステム(分業制)の始まりはどうだったのでしょう?
タモリさんたちは八坂神社の石の鳥居がある正門前の料亭中村楼にやってきます。

gion78

江戸時代初めのこのお店の様子を描いた絵。

gion80

お酒を飲んでいる。

gion81

当時大人気だったのが、赤いエプロン。
 
gion83
 
赤いエプロンをつけた女の子がお客の前で豆腐を切るパフォーマンスが超ウケた。

gion84

祇園は信仰の場でありながら、娯楽の場でもあった。

gion85

江戸時代使われていた包丁とまな板。
三味線の音に合わせて豆腐をトントン切っていた。

gion87

店に伝わる祇園豆腐を作ってもらいます。

gion88

お味噌が香ばしくておいしいそうです。

gion89

当初は門前で参拝客にお茶だけを出す店が、江戸時代初め、料理やもてなす女性、さらにはお座敷まで提供する店に代わります。

gion90
 
最初は一軒ですべてをまかなっていたのですが、お客さんのニーズに応えるために分業化していきました。

gion91

続きを読む




京都祇園・花見小路からスタート。

gion1

お昼になるとものすごい人出になるので、早朝ロケ。
現在午前7時半。

gion2

馬?

gion3

タモカメ舞妓さんバージョン。

gion4

旅のお題は「日本一の花街・祇園はどうできた?」。

gion5

近江アナは初祇園。
タモリさんも祇園でお酒を飲んだことはない。

gion6

最初の案内人は、生まれも育ちも祇園の太田磯一さん。

gion7

芸妓の豆六さん(左)と舞妓の豆千佳さん(右)。
舞妓さんは芸妓さんになるための修行中の身。

gion8

舞妓さんは昔の子供の恰好。
帯は「だらりの帯」。
自分の髪を結い、季節の花のかんざしを挿します。
芸妓さんになると髪はカツラになり、大人の姿に。

gion9

祇園は鴨川と八坂神社の間、四条通を挟んで北と南にあります。

gion10

 タモリさんたちは美しいたたずまいの南側の街並みを歩いてみます。

gion11

お茶屋さんの許可証。

gion12

お茶屋と言っても、お茶を売っているわけではないw

gion13

 お茶屋さんはお客さんがお酒を飲みながら、お座敷遊びをするところ。

gion14
 
ふらっと来て、気軽に立ち寄れる場所ではない。

gion15
 
もちろん、ブラタモリ様なので特別に中に入れてもらう。

gion16

お茶屋:お座敷があり、酒や料理とともに舞妓・芸妓の芸を楽しめる

gion17

舞妓・芸妓は普段はお茶屋さんにはいません。
デリバリーシステム?

gion18

舞妓さんたちがいる場所を見に花街を奥に進みます。

gion19

髪はいっぺん結ってもらったら一週間はこのまま。
寝るときは時代劇に出てくるような箱枕を使います。

gion20

タモリ「(2週間ぐらいシャンプーしなくても)大丈夫だよね」
豆千佳「そ、そうどすね…」

gion21

 ここが、豆六さんと豆千佳さんが普段いるところ。
二人は豆爾姐さんの妹分。

gion22

ブラタモリボケ担当w
舞妓さん、芸妓さんが住んでいるところは、「置屋」といいます。

gion23
 続きを読む




ロケ地:杉並区・下高井浜田山八幡神社

いよいよ春の行楽シーズンだが、困るのはトイレが混雑すること、というお話。

siriha1

ゲストは、タモリ倶楽部初出演のラブレターズ(塚本直毅、溜口佑太朗)、

siriha2
 
 堀部圭亮さん、森山直太朗さん。

siriha3

森山さんは「うんこの歌」の作者。

siriha4
 
 今回は野グソの権威を迎え、お尻を拭きやすい葉っぱを教えてもらいます。

siriha6
 
こちらが野グソの権威、伊沢正名さん。
自然写真家でもある。

siriha7
 
著書あり。


 
自然の命を奪って生きている人間は、自然に何かお返ししなくてはいけない。 
そういう思いで野グソを始めたそうです。

siriha8

とはいえ、お尻を拭く葉っぱは何でも良いというわけではない。
ツルツルの葉っぱでは塗り広がってしまうw

siriha9

ということで、権威がオススメの葉っぱを教えてくれます。

siriha10

最初のオススメ。

siriha11

現代ではとても高価なトイレットペーパーになるが、昔は尻を拭いていたので、フキノトウ。
(国語学の権威、金田一春彦先生がフキノトウの語源を著書に詳しく記しているようです)。

siriha12

 総合評価4.5。

siriha13

森山「ちょっとディップぽくて」w

siriha16

この形がお尻の谷間にフィットw

siriha15

ラブレターズがフキノトウの尻触りを体験中w
気持ち良いそうです。

siriha17

次は初夏に赤紫の花をつけるスイセンノウ。

siriha18

うぶ毛みたいのがびっしりで具合よさそう。

siriha19

スイセンノウに似ていて葉が大きいビロードモウズイカ。

siriha20

スイセンノウもビロードモウズイカも総合評価4.5。

siriha21

まず葉脈が浮いているビロードモウズイカの裏面を粗拭き用で使う。

siriha22

次は表を中拭き用に。

siriha23

スイセンノウもあれば、仕上げに使いましょうw

siriha24

粗拭きしたら、折りたたんで表側を使う。

siriha26

柏餅と間違えないようにw

siriha25
 
絵の具を使って葉っぱの拭き取り力をチェックします。
 続きを読む

このページのトップヘ