Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

錦織圭選手がついに全米オープン決勝に進出!
日本人としては史上初の快挙ですが、このまま勢いに乗ってぜひ優勝してほしいですね。 
 
ところで、この大躍進の影には新コーチ、マイケル・チャン氏のサポートが大きいと言われています。
 
私もマイケル・チャン氏が現役で活躍していた1990年代にテニスに凝っていたので、彼の試合はよくテレビで見ていました。 
彼は台湾系アメリカ人で身長が175㎝、 東アジア人としては決して小柄ではありませんが185㎝ぐらいが普通の白人テニスプレイヤーたちの中ではとても小さく見えました。

 chan2

とにかく球を拾いまくって粘り、かつ頭脳的なプレイをする選手だったという印象があります。

その彼のプレイスタイルをいかんなく発揮したのが、伝説の一戦と言われる1989年全仏オープン4回戦、対イワン・レンドル戦でした。

イワン・レンドル選手は当時ランキング1位。
世界ランク1位の在位が長い強い選手でした。

rendol

マイケル・チャンは前年にプロデビューしたばかりの17歳。
下馬評でもレンドルが圧倒的に有利と言われ、その前評判通りレンドルは2セットを連取します。
しかし、ここからマイケルチャンは粘り、第3セットと第4セットを連取します。
全力で走り回って球を拾うプレイスタイルのためか、彼の足には痙攣が始まっていました。
肉体的には限界に近づいていましたが、勝利への意欲はまったく衰えていません。
遅延行為で反則を取られるギリギリの時間まで水分補給をして、気の短いレンドルをイラつかせ、レンドルの集中力を切らせようとします。
まさかのアンダーサーブで虚を突き、動揺したレンドルからポイントを奪い取ります。

伝説のアンダーサーブ【動画】

完全にペースを乱されたレンドルは最終セットで自分のプレイができなくなり、最後はダブルフォルトでこの試合を失うことになりました。
セットカウント 4-6,4-6,6-3,6-3,6-3。
4時間37分の激戦を制したマイケル・チャンは決勝に進み決勝戦でステファン・エドバーグを下して全仏王者となります。
17歳3か月、史上最年少の四大大会チャンピオンです。

chan

このなりふり構わぬレンドル戦については批判の声もあったようですが、ルール内でのプレイですし、当のレンドルも名選手ジョン・マッケンローに対してアンダーサーブをかましてますから、文句は言えませんね。

錦織選手もテニスプレーヤーとしては決して大きくありません(178㎝)が、小柄でも4大大会を制したマイケル・チャンがコーチなのですから、これ以上励みになる良いお手本はいないでしょうね。

 chan nishikoiri

*名伯楽:伯楽とは馬の素質の良否を見分ける名人の名前。そこから転じて、才能を見出す人、人を育てるのが上手な人のことを指すようになった。

錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考
児玉光雄
サンクチュアリ出版
2014-12-12

 

今回放送の怒り新党新3大○○調査会のコーナーで、初めてベア・グリルスという人を目にしました。

ベア・グリルス氏(40)は元イギリス特殊部隊でサバイバルの専門家です。

baer3

ディスカバリーチャンネルで「MAN vs. WILD」というサバイバル番組を放映しており、今回はそのシリーズの一部が紹介されていました。

オシッコをスキー板の滑り止めに使う。
靴だけ履いた全裸になって極寒(-26度)の川を渡る。
自分の指を餌にして、大ナマズを釣り上げる。
オシッコをかけてナマズに噛まれた傷を手当てする。 
海にオシッコをして、サメをおびき寄せる。

やっていることは超人的なのですが、この編集で見てしまうと”ハンサムな変態オジサン”という印象だけが残ってしまいました。

bear2

しかし、調べてみるとベアさんは筋金入りのサバイバーかつ冒険家のようです。
特殊部隊時代にパラシュート降下で背骨を折る重傷を負いながらも18か月間のリハビリの末に復活。
復活後、すぐにエベレスト登頂を成功させます。
他にも水上オートバイでUK(連合王国)を一周したり、凍結した大西洋をゴムゴートで横断したりしています。
 
ベア氏の 「MAN vs. WILD」の他の動画を見てみましたが、やはりハードです。
生きた大型哺乳類などをナイフで殺して生で食べるシーンもあり、長年お米と菜っ葉とお魚で生きてきた我々東アジア人にはキツイ内容でした。

でも、考えてみると人類のご先祖はこうやって虫だろうがサソリだろうが動いているものは片っ端から食べて生き延びてきたのでしょうね。
アングロ・サクソン系(イギリス人、アメリカ人)が食べ物の味に無頓着なのも納得できます。
サバイバルにとって、大事なのはカロリーと栄養です。
味がどうの、姿がどうのと言っていては生き残れません。

bear1

多分「MAN vs. WILD」は好きな人は大好きで、嫌いな人は絶対見たくない番組だと思います。
現に、ベアさん本人も奥さんと子供たちにはなるべく見せないようにしているそうです。
 
日本でこういう番組をやれる人はいるでしょうか。

”百獣の王”武井壮さんあたりが頭に浮かびますが、某局のサバイバル特番でもさすがに彼もキツそうだったし…。
この分野では競争相手がいないから、やれれば引っ張りダコなんだけどなぁ。

 
サバイバルゲーム MAN VS. WILD シーズン1 DVD-BOX
ベア・グリルス
TCエンタテインメント
2012-08-08












究極のサバイバルテクニック
ベア・グリルス
朝日新聞出版
2014-04-18


本日最後のメールはドッジボールに関してのものでした。

メールの送り主は20歳の女性で、ドッジボールが嫌いなのだそうです。
「逃げ惑う人々にボールをぶつけるドッジボールは悪魔のようなスポーツです…見るのもイヤです。やめてほしい」
といった内容でした。

ikasin2

このメールに対して、有吉くんは「自分が嫌いなものにヒドイ言い方をして蔑むな。一生懸命ドッジボールをやっている人に対して失礼だろう」と、やや厳しめなコメントをしました。
まあ、キツイ言い方でしたが、正論ではあります。

ここから有吉、マツコ、夏目の三人の子供の頃のドッジボール話になります。

有吉「はははっ…オレ子供の頃肩が強くて得意だった。で、女子の顔面にバンバンぶつけてた、ヘヘッ」

ドS有吉の本領発揮です。
こういう悪童時代を語る時、有吉くんの目は一番生き生きしています。 
一方、夏目さんはニコニコしながら有吉くんを睨みつけています。

マツコ「アタシはとにかくぶつけられないように威圧感で敵を圧倒してた。でも、気づくとアタシ一人になって最後は敵から総攻撃受けるの…」

ものすごい形相で級友を睨みつけているマツコ少年を想像すると、なんだか癒されます。ww

有吉「オレの得意技はノールックで女子の顔面にボールをぶつけて…ヘヘッ」

夏目「(たまらず)こういう男子がいるから、ドッジボールが嫌いになるんですよ」

マツコ「え、あなた嫌だったの?」

夏目「ドッジボール嫌いです。いつも外野を希望してました。後ろ向いている時にお尻にボールをぶつけれて…もう、恥ずかしかった…」

美少女夏目三久がお尻にボールを当てられ真っ赤になっている姿を想像すると…萌えます

マツコ「そっかー女子は嫌なのかもね、じゃ、(メール)採用にしようかっ」

有吉「そうしよう。(夏目に)こんな顔で見られたら、たまんねえわ」

夏目三久さんにはニコニコしながらも自分の感情をしっかり表現するという秘技があります。
こうして、”ドッジボールは悪魔のスポーツ案”はめでたく可決されました。

それにしてもマツコさん、あなたのメンタリティは女子ではないのですか?
組合の世界はほんとうに不可解です。

ドッジボール [Blu-ray]
ベン・スティラー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン








 
2010-07-02




 

このページのトップヘ