Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

プレゼンターはケンドーコバヤシさん。
マンガでよく見るあるあるのシーンが、実際に起こる確率は0%という説をいくつかのあるあるで検証します。
まず最初は、

①女性の裸を見て鼻血が出る 

 handi

実験台は、童貞サーファーでおなじみの茂木クン。

mogi5

女の子を用意します。

tensi3

念のため、鼻血が出やすいようにピーナッツとチョコレートをスタンバイ。

tensi4

女の子、脱ぎます。

tensi5

茂木クンは唖然として、

mogi2


 嬉しそう。

mogi3

残念ながら、この実験では鼻血は出ませんでした。

しかし、女性の裸を見て興奮して鼻血を出すという現象は、稀ながら実際にはあるようです。

実例はこちら→  【OKウェブ】エッチなことで鼻血

② 手刀で気絶 ③ ダッシュでスカートがめくれる







超高級風俗嬢 天使もえ エスワン ナンバーワンスタイル [DVD]
天使もえ
エスワン ナンバーワンスタイル(S1)
2014-10-07



もえと同棲ズボズボ性活 天使もえ エスワン ナンバーワンスタイル [DVD]
天使もえ
エスワン ナンバーワンスタイル(S1)
2014-11-07



「ぽっちゃりは好きですか?」
と聞かれたら、たいていの男性は「痩せてるよりぜんぜんイイ」というようなコメントをします。

本音を言えば、ポッチャリも程度問題だし、出るところは出てて締まっているところは締まっているメリハリのある体が一番好ましい。 
ただ、女性はある程度脂肪がついて丸みがある方が女性らしいと感じるので、ガリガリよりは良いというのは、まったくウソのコメントではありません。 

しかし、今回紹介された大阪のぽっちゃり専門店は、完全にぽっちゃり詐欺です。
最低でも80キロ以上というのは、もうぽっちゃりではありません。

まあ、それでもそんなぽっちゃり(?)が好きな男性は世の中に少なくないようで、ぽっちゃりばかりを集めたキャバクラは経営が成り立っているようです。

pocha1
 ぽっちゃり界の指原莉乃ちゃん ふざけんなw

出てきた女の子たちは体重94~118キロ。
テーブルの上に出されたから揚げと揚げ焼売の串刺しを一斉にパクつく彼女をたちを見て、レポーターは「これ、千と千尋で見たことある…」。

sen buta
 これね…

次のお店もぽっちゃり専門店ですが、女性客もいるカウンターバーのようなところです。

慣れとは恐ろしいもので、前のキャバクラで体重三ケタの女の子たちを見た後はカウンターにいた80キロ級の女の子たちが普通に可愛く見えます。

ここはぽっちゃりの女性客が来るので、ぽっちゃり好きの男性客と結ばれてカップルになることが多いということでした。
お幸せに…。

ダレトク・グルメはラーメン。
新潟の濃すぎる味噌ラーメンと静岡の朝ラーメンを紹介。

新潟の味噌ラーメンはスープが濃すぎるので別に出された透明なスープで適当に薄めて食べるそうです。
でも、元祖の店ではもう普通の味噌ラーメンを出し、割り用のスープは惰性で出しているそうです。
よく考えると、お互い(店と客)にメンドクサイ。

nigata miso

朝ラーメンは、朝食べるだけでなく、温かいのと冷たいのが出てくるという謎。
理由は店員さんに聞いても結局わかりませんでした。
静岡に行くことがあれば、一回食べてみたい。

asara2asara1
hot                             cold

新潟ラーメン東横【3食入り】ご当地ラーメン/超濃厚味噌ラーメン/生ラーメン/新潟/愛宕/アイランド食品
新潟ラーメン東横【3食入り】ご当地ラーメン/超濃厚味噌ラーメン/生ラーメン/新潟/愛宕/アイランド食品

魚だしで女子にも人気♪幻の月見野らーめん(魚だし醤油・2食入)【朝ラーメン】
魚だしで女子にも人気♪幻の月見野らーめん(魚だし醤油・2食入)【朝ラーメン】



 

今回の「マツコの知らない世界」は社交ダンスの世界。

日本では社交ダンスはマイナーな世界だと思っていたのですが、それは大きな間違いのようでした。
1996年に映画「Shall  we ダンス?」が大ヒットして社交ダンスブームが訪れましたが、最近では社交ダンスを題材にした漫画「ボールルームへようこそ」が累計100万部を超える大ヒット、これによりジュニア世代の社交ダンサーが急増しているそうです。
今や日本の社交ダンスの競技人口は世界一(約160万人)を誇っているそうです。 

そんな社交ダンスの世界を紹介する案内人は、統一全日本選手権5連覇(放送日前日の11月3日に前人未到の6連覇を達成)の織田慶治(32) ・渡辺里子(32)ペア です。

dance2

映画「Shall we ダンス?」では社交ダンスを始めたオジサンたちを周囲の人たちは”スケベ”、とか”気色悪い”という目で見ます。 
社交ダンスは一般の人にとって、ちょっとエッチないかがわしい雰囲気がある、少し気持ち悪いものという偏見はいまだに根強いのかもしれません。

マツコさんもそのへんを意識してか、一般人目線でシモ中心に案内人ペアを攻めてゆきました。

まずは女性の渡辺さんの露出度の高いダンスの衣装と濃すぎるメイクをいじり、男性の織田さんの印象を「インドネシアの石油王の息子」と、表現。
「インドネシアの石油王の息子」はあまり誰も見たことはないでしょうけど、なんとなく説得力のあるたとえですww

dance1

社交ダンスにはスタンダードとラテンがあるのだそうですが、案内人ペアはラテン専門だそうです。
「夜の方もラテンな感じなの?」
というマツコさんのぶしつけなエロ質問に対して、織田さんは「いたって普通です」とにこやかにお答えになってました(渡辺さんはさすがにちょっとムッとしてましたが)。
世間の偏見と闘う織田・渡辺ペアです。

次に織田・渡辺ペアの簡単な経歴がフリップで紹介されました。
苗字は違いますが、お二人はご夫婦だそうです。
織田さんは群馬県大泉出身。
実は群馬は多くの有名ダンサーを輩出している、社交ダンスが盛んな県なのだそうです。
(これについてはちょっとググってみましたが、理由は謎でした)
渡辺さんはバラエティ番組の「ウリナリ 芸能人社交ダンス部 1996~2003」を見て、15歳でダンスを始めたそうです。
二人はダンス専門誌のペア募集ページで知り合い、2週間後にはディズニーランドでデート、2011年に結婚されたそうです。
やはり男女ペアは恋愛関係に発展しやすいようですが、ビジネスパートナーとして割り切った関係のペアもいるそうです(アイスダンスなんかもそうですね)。

さて、前述したように社交ダンスにはヨーロッパの宮廷舞踊をルーツに持つスタンダードと南米圏の踊りであるラテンアメリカンの2種があります。

両方やるダンサーもいますが、多くのダンサーはどちらかを専門にするそうです。

織田・渡辺ペアはラテンアメリカンなので、ここでスタンダードの浅村慎太郎・遠山恵美ペアが紹介されました。
2013年統一全日本選手権スタンダード部門3位、浅村さんは183㎝、遠山さんは175㎝という長身、美男美女ペアです。

dance5

服装や組み方など、スタンダードとラテンの違いを一通り説明されたところで、マツコさんは実際にダンスの基本を習うことになりました。

まずスタンダードのペアの組み方。
女性は組んだ時に体を少し反り気味にするのですが、マツコさんは体が全然反らないのでただ名前を呼ばれて横を向いただけのようなポーズでしたww

次はラテンのステップ。
おでことおでこをつけてお尻を振り振り。
マツコさんはかなり嫌がりましたが、拒否権は認められませんでしたw

dance4

この後、二組のペアのダンスを披露。
社交ダンスは本格的にやると完全にスポーツです。
とくにラテンは動きが激しい。
プロダンサーが30代半ばぐらいで現役を引退するのもわかります(11月3日の統一全日本選手権で、織田・渡辺ペアは引退を表明しました)。

社交ダンスは個人レッスンが50分5000円~20000円、先生のランク(D~SA級)によってレッスン代は変わるそうです。
発表会で着る衣装は、25000円(レンタル)~40万円(オーダーメイド)。
スタンダードはもっとお高いそうです。

諸々費用はかかりそうですが、始めようと思えば、いくつからでも始められるのがダンスの良いところですね。




Shall we ダンス? [DVD]
役所広司
KADOKAWA / 角川書店
2014-09-12




 

このページのトップヘ