Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

● パンダでビジネス!?

パンダが中国からレンタルされているとは知りませんでした。
しかも日本で生まれた子パンダも所有権は中国にある。
人間の抜け目ない商法と愛らしいパンダのイメージにギャップがあるのである種ショッキングなニュースとなったのでしょう。 
問題は年間レンタル料(つがいで約1億円)を払う価値があるのかどうか、ということになりそうです。
上野動物園のパンダは都民として私はいらないけど、子供たちにはパンダは必要なのかな?

● 痩せている女性過去最多 
 
今の若い女性の体重基準が「やせ」の方に傾いているという事のようです。
健康面で言えば、太りすぎもやせ過ぎも体にダメージを与えますから、どちらにせよほどほどにしておいた方が良さそうです。
ゲストのおのののかさんが若い女性代表として「極端に痩せているわけではないからほっといてほしい」という旨の事を言ってましたが、そう言われてしまえば返す言葉はございません。

オジサンの好みなんか言ってもしょうがないでしょうが、きれいな女優さんが棒みたいな細い脚だと心底ガッカリします。 
AKBの子たちは、細くてもダンスで鍛えているから皆ある程度太モモがしっかりしている。
AKBは合格ですw

● 秋田なまはげ存続の危機

「なまはげ」はそもそも秋田の一部の地域の伝統行事ですから、「なまはげ」体験がある人、「なまはげ」を見たことがある人は全国的にはほとんどいないのではないでしょうか。
それでもどういうわけか、「なまはげ」は全国区レベルの有名行事です。

みんなが知っている「なまはげ」が廃れてしまうのは寂しいことですが、他県民のために「(お膳を用意するのが)面倒」、「家が汚れる」、「怖すぎる」と感じている地元の人たちになまはげを続けてもらうのもおかしな話です。

そういえば、クールポコのネタに、「なまはげっ!」というのがあったような気がするのですが、どういうフリだったのか忘れてしまいました。

ハロウィンなんかにうつつを抜かさず、若いモンは「なまはげ」やりなさい。

● 3Dプリンターで○○コピー

わいせつか否かの当局の検閲基準について、AV監督の村西とおるさんが面白いことを言っていました。
「アメリカのAVは(人の)関係性をチェックするが、日本は性器の露出の有無を重視する、だから日本のAVはエロスを追求することができる」
わいせつ性は必ずしも性器そのものにあるわけではないことを物語っています。

まだ裏ビデオが貴重品だった若い頃、友達が持ってきた裏モノを鑑賞したことがありましたが、性交のどアップが延々と続き、興ざめした思い出があります。
そういうものは、馬や牛の性交と大差がないのです。

だから、関係性を取り締まる外国の当局の方がわいせつの本質についてよく解っているような気がしますが、ここを取り締まりの対象にするのかどうかはまた別の次元で問題になりそうです。

関係性とエロスは切っても切れない世界で、ここを追求するのは一つの芸術活動とも考えられます。
一方でここをあまりに野放しにすると、例えば児童ポルノといった犯罪を誘発することにもなりそうです。

3Dプリンターで女性器のデータを配信した問題は、実物を見ていないから何とも言えませんが、わいせつとは何かを世に問いかける良いきっかけにはなったのではないでしょうか。




← 肖像権がつく前におひとついかがでしょう









 

● ブロードアピール驚異のラストスパート

当時のブロードアピールの年齢は人間で言えば、アラサー女子。
そのせいなのか、ブロードアピールの走りを見て、夏目三久さん(30)が最後に涙したのを覚えています。

 natume buro

● 北桜の繊細過ぎる趣味

これもちょっと話題になった式秀親方(元北桜)の意外な趣味でした。 
親方が奥さんと娘さんに囲まれてビーズアートに没頭する映像を見て、夏目三久さんがまたも号泣しました。
関連ブログ記事はこちら 

 kitazakura

natume namida

● 日本が誇る究極の筋肉

kinniku hituji
 
「鬼の顔」と呼ばれる背中の筋肉。
今年の干支に見えるのは、私だけ? 
関連ブログ記事はこちら
 
 ● 悲運のエース・伊藤智仁の記憶に残る投球

あまり野球は見ないのですが、伊藤智仁選手のことはよく覚えています。 
この当時伊藤選手はしょっちゅう登板して、相手打者を高速スライダーで仕留めていました。
使われ過ぎて潰れてしまったのですね。

 itotomohito

この後、今日の新3大にまつわるゲストたちが登場しました。

ito tomo2
 
伊藤智仁の3大を紹介したノンフィクション作家の長谷川氏。

sikihide okusama
 
ビーズの式秀親方はご夫妻そろって出演。

beez
 
ミニビーズアート教室もあり、

kasuga
 
最後は筋肉担当の春日が無茶ブリされてすかされてましたw

 







 

● デイリースポーツのブレない一面

デイリースポーツのキャッチコピーは「ブレないスポーツ紙」。
はじめから阪神中心のスポーツ紙ではなかったようですが、独自性を打ち出すためにこのようなスポーツ紙になったそうです。
巨人の機関紙と言われるスポーツ報知もここまでは徹底していません。

 dailys1
なでしこジャパンが優勝した時も、阪神5割王手ww

daily2
大谷が日本人最速の162キロを投げた時も、藤波の156キロが1面

● 国枝慎吾の最強を証明したテニス

日本人初のプロ車いすテニス選手。
4大大会を制したグランドスラマー。
日本が世界に誇れるテニスプレイヤーは錦織圭選手だけではなかったのですね。

kunieda

 ● 即死ゲームCLOP

即死ゲームの新作紹介。
有吉くんが意外な才能を発見しましたw
即死ゲーム10月15日放送の記事はこちら

clop
 
 
● 増田明美の解説中のミニ情報

 正直マラソンはあまり興味がなかったのですが、この増田さんの解説は面白い。
一見どうでもいい選手の個人情報ですが、視聴者と選手の距離が一挙に近くなります。 

 masuda

 
● お父さんが撮ったぶっちぎり土井杏南

「せんだんは双葉より芳し(大成するものは幼少のころから人並み外れて優れている)」という諺通りの”走り”です。 

 doianan

当時小学4年生だった杏南ちゃんも、今は大学生(19歳)です。

● お母さんが撮ったよくひねる白井健三

男子史上最年少(17歳1か月)で世界選手権金メダルを獲得した白井選手。 
わずか5歳で見せたパフォーマンスは驚異的です。

 siraikenzo
 
【動画】はこちら

認めて励ます人生案内
増田 明美
日本評論社
2013-05-20




←一流アスリート27人のインタビュー、国枝慎吾選手のインタビューもあります

このページのトップヘ