Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。


フィリピンのセブ島で自転車を借りて(アウトドアツアー・ショップ プラネット・アクション)サイクリングをしました。

白砂のビーチが有名な観光地ーホワイト・ビーチに行きましたが、あいにくの曇り空で人はほとんどいませんでした。
私の他に観光客といえば、ビキニからはみ出たお肉が気になるアラフォーの白人女性4人組ぐらいでした。
地元の漁師兼海の家のおじさんと少し立ち話をして、リゾートホテルの中庭で遊んでいた犬たちを写真に撮ってから自転車が停めてある駐車場に戻りました。

CA390058
 モアルボアル ホワイトビーチ

自転車を漕ぎだしてすぐ後輪のタイヤがパンクしていることに気づきました。
悪路を来たので釘でも踏んづけたのかもしれません。
あるいはイタズラされたのかもしれません。
原因はどうあれ、パンクしていることには変わりありません。

私は自転車を引いて歩き出しました。
無理して乗ってリム(車輪)でも歪めた日には、自転車屋に預けたデポジット(保証金)の5000ペソ(当時のレートで約1万円)が返ってこない恐れがあるからです。
ビーチの入り口にいたガードのオジサンにパンクを直せるところはないか聞いたのですが、そのオジサンは現地語で何やら言いました。
言葉はわかりませんが雰囲気でわかったのはもう少し先に村があるからそこに行ってみろ、ということでした。

自転車を引いてしばらく歩いていると雨がぽつぽつと振ってきました。
ジャングルの中に小さな家々が数件見えてきたところで、雨は本降りになってきました。

CA390064
 闘鶏用の鶏を飼う家は多い

粗末な、一間しかない小さな家の窓から若い夫婦がこちらを見ているのに気づきました。
「パンクを直せるところありませんか」
身振りを交えてつたない英語で彼らにそう呼びかけると、彼らは隣の家を指さしました。
「隣?そこ?」
あまりに近くに目的地があったことを訝しく思いましたが、私はその家に近づきました。

その家はよく見ると、トロトロ(簡易食堂)になってました。
食堂と言っても普通の家の軒先で営業しているようなごく小さな店です。
テーブル席が一つと手作りのカウンター。

そのカウンターの向こうで18、9くらいの娘が店番をしていました。
「あのーパンクを直してください」
私がそう言うと、彼女は大きな声で誰かを呼びました。
彼女は何度か呼びましたが、返事はありません。
強くなった雨脚の音だけが私たちを包んでいます。

「今いないみたい。遠くには行ってないと思うけど…」
「じゃ、少し待ちます」
パンクを直せる人がいるのなら、待つ価値はあります。
それに外は雨です。
そして、ちょうどお昼時でした。
待っている間、お昼ご飯を食べることにしました。
「ここ食堂ですよね。何がありますか?」
「今日あるのは鶏レバーとナスの炒め物と魚のフライ」
「じゃあ、魚。それとビール」
「わかりました…あなた日本人?」
「そうだけど…なぜわかるの」
「その…」
彼女は少し躊躇しているようでした。
「…話し方」
「ああ」
どうやら私は日本語なまりが強い英語を話しているようです。
学生時代、テキストの新単語にカナでフリガナを振っていたツケでしょう。

私が小さなテーブルの席についていると、ほどなく彼女が食事とビールを運んできました。
食事は山盛りのごはんと15センチほどの魚のフライが一匹。
以上。

フィリピンの庶民の食事は実にシンプルです。
私は街のジプニーの車掌クンの横顔を思い出しました。
スペイン系の血が混じった彼はなかなかのイケメンでしたが、少し痩せすぎで顎が尖っていました。

おかずとごはんの比率があまりにアンバランスで、私はご飯を半分近く残してしまいました。

軒下で物欲しげな様子の犬がこちらを見ていたので、私は掌にご飯を載せてそいつを呼びました。
犬はおずおずと私に近づき、手の上のごはんをうまそうに食べ始めました。

CA390063
こちらの犬は概ねおとなしいが、狂犬病を持っていることがあるので注意

すると娘が店の奥から出てきて、「&%$#!」
と、犬を叱りつけます。
客人からエサをもらうような真似をするなということでしょうが、仁王立ちの娘は犬と座っている私を見下ろし、完全に私も一緒に叱られている感じでした。

どこからともなくオジサンが現れ、ビニール袋に入れたナスの炒め物をテイクアウトしてバイクで去ってゆきました。
雨は少し小やみになってきました。

私は娘に声をかけようとしてカウンターの方を見ましたが、そこには誰もいないように見えました。
立ち上がってカウンターの奥の暗がりを覗くと、椅子に座った彼女が身じろぎもせずじっと虚空を見つめていました。
まるでお寺に安置された菩薩像のようです。

「あの…家の人は帰ってこないかな」
「まだ…みたい」
「そろそろ行きます。他にパンクを直せるところありますか」
「ボーカサイスィング・レスト」
「えっ?」
「この先を行った右手にあるわ」
「もう一度言ってくれますか?」
「ボーカサイスィング・レスト」
どういう場所か見当もつきませんが、私はその名前を頭に刻みつけました。
「いろいろありがとう。さようなら」
「さようなら」

私は雨上がりのぬかるみの道を自転車を押しながら再び歩き始めました。

続きを読む


私はヨットパーカーを愛用しています。
フルジップというヤツです。
頭から被るタイプ(プルオーバー)もありますが、私には意味が分かりません。
脱ぎ着が面倒そうだし、温度調整もできないではありませんか。
あれはファッションなんでしょうな。

今はネイビーブルーと白っぽいグレーの二着を交互に来ています。
ユナイテッド・アスレというブランドのもので通販で買いました。
ユナイテッド アスレ United Athle 【公式サイト】

41qLGae29HL__SL246_SX190_CR0,0,190,246_
フルジップ12オンス これで3000円を切るのはお値打ちもの

通販で買うとユニクロより安く、生地も厚くしっかりしています(ユニクロも頑張れ)。

ちょっと寒いなと感じた時、フードを被ると首筋がガードされるのでとても温かく感じます。
ただ、フードを被るのは家の中限定です。
街中でヨットパーカーのフードを被っている人ってあまり見かけないと思います。
ハリウッド映画でも、フードを被っている登場人物は悪人か謎の人物と相場が決まっています。

imagesCA3T8D2F
ヨットパーカーではないけど…

洗濯で、フード部分が乾きづらいというのが唯一の難点です。
私はこんな感じで干してます。

imagesCAI68XRN


この場合は一回フードの表裏をひっくり返してあげないと、ちゃんと乾きません。
天気の悪い日は結局乾ききらず室内にしばらく干しておきます。

手のかかるコですが愛おしい。
ヨットパーカーです。


私は人魂を見たことがあります。
(最初に言っておきますが、私は幽霊などオカルト的なものは信じていません)

大学を卒業してサラリーマン1年目の頃ですから、もうだいぶ昔のことです。

東京に赤坂見附というところがあります。
丸ノ内線の赤坂見附駅を降りて青山通りを上ると、虎屋本店の黒いビルがあります。
勤めていた会社はそのすぐ近くでした。

imagesCAENLZ6B
ヨーカン業界の雄 虎屋赤坂本店

ある日、私は同期とともに会社を出て駅に向かう路地裏を歩いていました。
途中にお寺があり、そのお寺に隣接する小さな墓地にさしかかったところでした。
私は見たのです。
赤く燃えさかる火の玉が突然墓地から出現し、不規則に浮遊しているのを…。
「あ、人魂だ…」
同期は私が指差す方向を見て、
「…ほんとだ」
と呟きました。
それで、自分は幻を見ているのではないことを確認しました。

私たちはしばし立ち止まって人魂の浮遊を見ていましたが、すぐに人魂は墓地の塀の陰に隠れて見えなくなりました。
再び駅に向かって、私たちはとぼとぼと歩き始めました。
「……」
特に会話はなかったように思います。
どういう用があったかは忘れましたが、就業中の身ですからそれほど暇ではなかったのでしょう。

今思うととても貴重な体験をしたとは思うのですが、都会の真ん中で、真昼間にサラリーマンが人魂を見ると、現実のリアクションはこんなものなのです。

特にサラリーマン1年生の私たちは会社に慣れるのが精一杯で、この頃心の余裕というものがまるでなかったのだと思います。

人魂とは書きますが、私はあれが人の魂だとは思っていません。
おそらくは科学的に説明できる一つの自然現象なのだと思います。


人魂












古今東西”人魂”の目撃情報は報告されているようです

最初に書いたように、私は幽霊は信じていません。

ですが、真夜中に裏山の(出ると噂のある…)神社に置いてあるお札を一人で取ってこいと言われたら…。
十万単位ごときでは動きません、ゼッタイ。


このページのトップヘ