Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

昨日(2014 7月1日)、標題のテレビ番組(4時間特別番組)を見ました。

簡単に言うと、4人のタレントさんがそれぞれジャングル、無人島、砂漠、極寒地帯に連れて行かれて、100時間を過ごすという番組です。 

myake
 三宅健クン 砂漠でサソリの試食中

ネットを見ると、やらせだと言っている人が多いようですが、それはそうでしょう。
もし、テレビ番組ではなくあのような過酷な状況で100時間生き延びようとするなら、比較的安全な場所を確保して与えられた水と非常食をちびちび食いつないでジッとしているというのが正解だと思います。
無駄に動けば体力を消耗するだけですし、アクシデントに遭いやすい。

でも、それでは番組になりません。
タレントさんの身の安全を守りつつ、見どころを作るには演出(やらせ)は必要不可欠です。

カメラの後ろにどれだけのスタッフが同行しているのかはわかりませんが、それでもあのお仕事はキツイと思います。

ボルネオのジャングル、パラオの無人島、日中40度を越える砂漠、マイナス30度のアラスカ。
もし仕事のオファーが来たら、皆さんはどうしますか?

砂漠とアラスカは気温がヤバすぎます。

この二つはもしガチでやったら、本当に命が危ないと思います。
それだけにここのサバイバルは本物のサバイバル専門家にやってもらうと面白いような気がします。
tetsuyya
エグザイルのテツヤ@アラスカ 個人的にはここが一番嫌

ボルネオの熱帯雨林も厳しそうです。
凶悪な虫とか動物が多そうです。

この場所はタレントの武井壮さんが担当していましたが、さすがに(ギャグにせよ)”百獣の王”をキャッチコピーにしているだけに多くの見せ場を作って頑張っていました。

デカいヤスデとかニシキヘビをたき火で焼いてワイルド感満点です。
たとえ、現地のガイドさんがヘビを獲ってきて、じゃあここに置いておきますから捕まえちゃってください、とかディレクターに言われても私には無理です。

takeisou
 焼きヘビに食らいつく武井壮

やはり、パラオの無人島ならオファー受けてもいいかも、というのが大方の意見ではないでしょうか。

だいたいサバイバル物の小説や映画の舞台になるのは南の島です。

南洋の無人島には、もうサバイバルというより、楽園のイメージがあります。

実際、無人島を担当したタレントの永井大さんも、オオシャコガイを焼いて食べたり、椰子の実のジュースを飲んだりと楽しそうでした。

nagai
 イカダに乗る永井大

しかし、サバイバルですから私たちが思うほど無人島生活が楽ではないのは当たり前です。
文明のない生活で、永井さんは次第に機嫌が悪くなってきました。
これがサバイバル番組の一番リアルな所だと思います。
現代人にとってリゾートホテルなしの南の島が楽園のはずがありません。

ということで、ソファに寝そべりながらテレビに向かってツッコミを入れている今の自分が幸せなんだということが改めて確認できた番組でした。

第2弾はコチラ⇒ 全世界極限サバイバル 第2弾 4月7日放送


世界のどこでも生き残る 完全サバイバル術 (ナショナルジオグラフィック)
マイケル・S・スウィーニー
日経ナショナルジオグラフィック社
2011-08-25



米陸軍サバイバル全書新版 [ アメリカ合衆国陸軍省 ]
米陸軍サバイバル全書新版 [ アメリカ合衆国陸軍省 ]


究極のサバイバルテクニック
ベア・グリルス
朝日新聞出版
2014-04-18


本当にあった 奇跡のサバイバル60
タイムズ
日経ナショナルジオグラフィック社
2013-12-18




 

スーパー乱立の時代、私の自宅(中野区)から半径1キロ以内でも小規模店を含めれば15店舗以上あります。
今回は普段利用しているスーパーマーケットをご紹介します。

スーパーOK鷺宮店

メインで利用しているスーパーマーケットです。
自宅から1キロちょっとと少し遠いのですが、ロープライスが魅力です。
商品は全般的に他店のセール品よりも安いうえに、カードを作ればレジで3%引きになります(一部商品を除く)。
それだけに店内は混み合っていることも多く、店の雰囲気も他店に比べると少し雑然としていますが、衛生的に問題があるわけではありません。  
 レジのオバちゃんたちも庶民的な雰囲気があり、ここに来るとホッとします。

ok

ただ、いろいろなお客が来るのでちょっとした事件もあります。
一度、サービスが悪いとレジで大声でわめき散らしていた男がいました。
客観的に見て完全な言いがかりで、客の質の問題でした。
サッカー台(袋詰めする台)に買ったものを忘れると、二度と出てきません。
でも、悪いことばかりではありません。
店内で財布を落としたとき、後から青年が追いかけてきて渡してくれました。 

価格重視の方にはお勧めのスーパーです。
 

スーパーオオゼキ練馬店

ここも自宅から1キロほど離れた場所にあります。
日曜日の朝市で食パンが安い時に行きます。
運動を兼ねて徒歩で行くこともあります。

oozeki

店内は広くキレイなので、買い物をする時のウキウキ感を演出してくれます。
レジも若いおネエちゃんが多く、オジサンとしては喜ばしい。
意外なものがセールで安かったりすることがあるので、ここに来る前はネットでチラシをしっかりチェックします。


スーパー丸正野方北口店

たまにしか利用しませんが、昔から一番なじみのあるスーパーです。
レジのメンバーも昔から変わっていません。
庶民向けのスーパーですが、価格競争では負けているような気がします。
自宅から近いので、天気が悪い日などに利用します。

marusho


ローソンストア100野方店

ここはコンビニと100円ショップを合体させたような店舗です。
自宅近くなので時々利用しますが、食品を買うことはあまりありません。
キッチンの消耗品、スーパーで買い忘れた物などを買います。

lowson


コープとうきょう野方店

ここでは買うのは今のところ紅茶のみです。
ティーバッグはお勧めです。

coop


このように私は価格重視で自宅から離れたスーパーに行くことが多いのですが、運動不足の解消と考えればそれほど苦にはなりません。
皆さんはどのような基準でスーパーを選んでいますか。
 

 

花子と”腹心の友”蓮子様はともに道ならぬ恋に落ち、朝の連ドラもいよいよ佳境を迎えようとしています。
まあ、実際そうだったようですから、お二人ともドラマチックな人生を生きたのですね。

ところで、本筋から少し離れますが、最近は女流作家の宇田川満代センセイ(山田真歩)に注目しています。
最初からぶれない”感じの悪さ”(笑)。
ヒロインを前にして毒を吐く様は清々しささえ感じさせます。
文学賞の授賞式の時は5000円札の人みたいでしたが、最近は金回りが良くなったのかお召し物や小物などがオシャレです。

yamada3
 樋口一葉?

yamada2

 なんだか着せ替え人形みたいでカワイイ

yamada
 現代劇ではこんな感じ…ちょっと鬼奴入ってます

一方、花子の”恋のライバル”醍醐亜矢子ちゃんは性格が良すぎます。
花子とアンの公式ホームページに村岡を巡って恋のライバルになるとあったので、どんなドロドロがあるのかと思っていたのですが、あんな爽やかであっさりした恋のライバルってありですか(笑)。
演じている高梨臨さんはいるだけで周りを明るくする華のあるベッピンさんですね。

takanasi
 坂下千里子さんに似ています

さて、今日(6月30日)放送分で村岡印刷さんの病床の奥様が登場しました。

綺麗な奥さまです。
この雰囲気からすると、奥様は夫の気持ちを察して自分から身を引くような気がします。
現実ではまずそんなことにはなりませんが、朝の連ドラの方程式ではそうなるはずです。

nakamura
 演じているのは中村ゆりさん

 domingo
 最初、ゴンドミと読んでいた…
 

花子とアン~序盤快調?女優陣に注目 

花子とアン~いよいよ中盤 注目の女優・男優陣 

花子とアン番外編~ちょっと気になる脇役たち

花子とアン~吉高由里子という女優

花子とアン~ちょっと気になる脇役たち part2

 
花子とアン~放映終了記念 愛と独断の部門賞発表








赤毛のアン
ルーシー.モード・モンゴメリ
講談社
2014-05-23

 

このページのトップヘ