Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。









 ○○すぎる○○を調査した件

 ドSすぎるジム

SMと筋トレをコラボさせた「秘密ジム」(恵比寿)。

a1

生徒は”奴隷”と呼ばれる。

a2

ちゃんとSM。

a3

ちゃんと筋トレ。

a4

料金が高いのかどうかもわからないw

a5

なかなかの繁盛ぶり。

a6

女奴隷もいる。
いじめられて体がキレイになるから一石二鳥。

a7

「夜ふかしを見た」と言えば、奴隷契約金が”0”になります。

a8

村上くんご指名w

a9

 ファンキーすぎる仏像

京都市・浄土宗金戒光明寺にある仏像。

a10

正式名称は「五劫思惟阿弥陀仏」。
長い間思惟していたので、髪が伸びてしまったという事を表現している。

a11

罰当たりな毛唐どもが…w

a12

 アレが多すぎるオジサン

茨城在住の伊沢正名さん。
ライフワークが野糞。

a13

野糞に関する著書も多数。

a14

回りまわって野糞はエコ。

a15

野糞用に土地を購入。
考えてみるとすごく贅沢なトイレ。

a16

野糞におすすめの尻拭き。

a17

記念日の時だけ使う特別な尻拭きw

a18

この人、タモリ倶楽部にも出演してました。

a19

 油断できなさすぎる江の島

江の島のトビは人が持っている食べ物を奪う。

a20

トビを懲らしめるために、食品サンプル職人を召喚。

a21

レタス。

a22

ロウをお湯の中でコネコネ。

a27

ポテトサラダの出来上がり。

a28

サンドイッチ(のサンプル)でトビを誘う作戦。

a29

トビは利口だった…。

a23

トビは来ないが、人間が近寄ってきた。

a24

食い意地が張っている犬w

a25

続きを読む









 眠らない街で個人的ニュースを聞いてみた件~西川口

多くの人が西川口に抱いているイメージ。
しかし、現状は…

a1

 西川口は惨め

風俗の街は昔の話。

a2

10年以上前の一斉摘発で、風俗店は激減した。

a4

オワコンになってしまった西川口。

a5

 2時間睡眠で街を浄化

朝4時から夜中の2時まで街を掃除しているお父さん。

a6

 自分の土地に自腹で神社を建立

a7

西川口には何もないからこの神社を街のシンボルにしてほしい。
結構あつかましい願いw

a8

寄ってくるのは賽銭泥棒ばかりw

a9

 商店街のラジオ体操

お昼過ぎにラジオ体操の音楽が流れる。

a14

体操を始める人たち。

a10

ラジオ体操は商店街の人たちを元気づけようとして始めた。

a11

大宮の風俗店の方が繁盛している。

a12

半笑いで否定w

a13

奥さんに聞かれないように窓を閉めたが、もう遅いw

a15

 西川口の中華街化

10年ほど前から西川口に移り住む中国人が急増。

a16

風俗が撤退した安いテナントにお店を出す中国人が続出。

a17

 孔子の末裔

孔子の子孫だという中華料理屋さんの店主。

a18

孔子の家系図に登録している人は世界で200万人超。
直系の子孫は台湾にいるらしい。

a19

 筋肉がほつれているオジサン

a20

怪しい動きをしないと気が済まないらしい。

a21

筋肉が勝手に動く(不随意運動)病気はいろいろあるから、病院に行くことをオススメします。

a22

 お前だよ

女の子をインタビュー中、オジサンが乱入。

a23

日本テレビは4です。

a24

オジサン「ハハハハハ、明るいなおめえは」

a25

ww

a26

続きを読む









タモリさんたちは宝塚の中心街、武庫川の近くに戻ってきました。
ここで明治以降の宝塚の発展について探っていきます。

a1

先ほどまでいた小浜は向こう側。

a2

近江アナのダジャレを説明に懸命な案内人は完全スルーw

a3

武庫川は暴れ川なのに、なぜこのあたりが発展したのか?

a4

それは温泉が発見されたから。

a5


宝塚温泉の石碑
明治17年に武庫川の河原で温泉が発見された。

a6

宝塚温泉:明治20年 最初の温泉場が開業された

a7

温泉が見つかった後、明治30年にJR福知山線、明治43年に阪急宝塚線が開通します。

a8

交通の便が良くなった宝塚は温泉地として発展。
最盛期には70軒近くの旅館がありました。
こうして宝塚は関西有数の行楽地になりました。

a9

かつての温泉街の面影はない。

a10

温泉街に誕生した娯楽とは?
着物のクリーニング屋さん(洗い張り)がヒント。

a11

着物といえば、芸者さん。
芸者さんとのお座敷遊びが娯楽でした。

a12

着物のクリーニング屋さんのご主人に話を聞く。

a13

芸者さんの全盛期を語るご主人。

a14

当時は7軒あった洗い張り屋も今はここだけ。

a15

番組が変わるw

a16

かつて宝塚には花街があった。

a17

海野町のマドンナと呼ばれた芸者さん。

a18

名前は浅秀。

a19

浅秀さんは健在で今も宝塚在住。

a20

ご主人が浅秀さんに連絡してくれることに。
また番組が変わるw

a21

浅秀さんとご対面。

a23

若かりし頃写真を撮った場所で記念撮影。

a22

お客さんは商談で来る人が多かった。

a24

山沿いで景色が良く、温泉があり、料理屋がある。
商談(接待)には格好のロケーション。

a25

大人のための洗練された娯楽(お座敷遊び)も必要だった。

a26

しかし、まだ宝塚大劇場には結びつかない。

a29

続いて向かったのは、武庫川に架かる橋の上。
いよいよ宝塚大劇場誕生の秘密に迫ります。

a31

続きを読む

このページのトップヘ