Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

● 美里町 ミムリンふりこまないで体操

「それ 詐欺 詐欺 詐欺~♪」
出だしからインパクトのある歌詞ですが、以下振り込め詐欺を防止するための注意が曲に乗り、それに合わせてお年寄りが体操をします。 

saita1

お年寄りに振り込め詐欺への意識づけをするという意図で作られたものだと思います。
体を動かしながら詐欺への警戒心を植えつけるという、たいへん合理的な体操です。

おもしろうて やがて哀しき 美里かな
残念ですが、日本の現状を物語っています。

ちなみにミムリンは、美里町のゆるキャラのようです。

 mimurin

●  埼玉貧乳問題

何故埼玉の女子は貧乳なのか?
確かこの番組では「睡眠不足」をその原因にあげていたと思いますが、私にも思い当たることが一つあります。

私は昔埼玉県で数年塾の先生をやっていたことがあります。
生徒は主として中学生だったのですが、彼らはとても多忙でした。
なぜなら、中学生はほぼ全員運動部に所属しており、どの部も毎日遅くまで部活に励んでいたからです。
帰宅して着替える時間もなく、ジャージ姿で塾に来る子も多かった。
これでは睡眠不足にもなるだろうし、過度の運動は女性ホルモンのバランスを崩すとも言われています。
成長期に部活と塾通いが盛んな環境では、発育するものも発育しないような気はします。

これは今でもあまり変わっていないようで、埼玉在住の友人に聞くと、中学生の娘はテニス部に所属していてやはり1日中ジャージ姿だそうです。

saita2
 埼玉は高校も男女別学が多い

● 上田まりえアナ

埼玉のニュースをアナウンスしていた女子アナ。
初めて見ました。
キー局の女子アナというと、最近はどの局も育ちの良さそうなお嬢様ぽいっ人が多いのですが、この人は異質な感じがします。
きっと性格は悪くないと思いますが、あか抜けてなくて地方のスナックのチーママ風です。
今後を注目したいアナウンサーです。

uedamarie

● シルバー川柳

さすがに秀作ぞろいでした。

「アーンして」 むかしラブラブ 今介護

老老介護を明るく詠んでいます。
逆にここまで来れたら素晴らしい。

いびきより 静かな方が 気にかかり

リアルです。
最近、無呼吸症候群の人多いです。

まだいける もう一度だけ 犬を飼う

年を取ってくると、どうしてもペットの寿命が気になってくるものです。
長生きしそうな亀なんか飼いたくない。

お迎えは 何時でも良いが 今日は嫌

84歳の方の作品ですが、実際この年齢になった人の心境だと思います。
人って、「もう死んでもいいや」と「まだ死にたくない」の間を揺れ動いているような気はします。


埼玉化する日本 (イースト新書)
中沢明子
イースト・プレス
2014-12-10











 

バブル(1986~1991)がはじけるまでは、若者は冬になるとスキーに行っていたものでした。
冬になると、さあスキーに行こう、という空気になっていたのです。
 
私も社会人になると同僚に新宿や神田のスキー用品店に連れて行かれて板から靴からウエアまで一式買わされました。
それから毎年のようにスキーに行っていたような気がします。
越後湯沢にも一度行っています。

スキーはいろいろな意味で大変なスポーツです。
まず、車のタイヤを雪仕様にして、屋根にキャリアを付けてスキー板を載せます。 
何しろスキーブームですから高速道路は渋滞しています。
やっと高速を降りても、雪道でどこかの車がスタックしていてまた渋滞です。
そうやって苦労してスキー場にたどり着き、ガンダムみたいなスキーウェアに身を固めてリフト乗り場で1~2時間待って、ゲレンデを滑り降りるのはほんの一瞬。
「自分はいったいここで何をしているのだろう…」
リフトの順待ちの間、そう自問自答した時、私はスキーから卒業しました。 

しかし、その後もバブルがはじけるまでは原田知世が「私をスキーに連れてって」と言い、ユーミンやZOOがゲレンデで舞い踊り、スキー場を盛り上げていました。
スキー場に行くことは、若者のマスト(と思わされていたの)でした。 
クリスマスイヴに苗場プリンスや赤坂プリンスの予約を取ることは、当時の恋人たちの究極のステータスになっていました。
今思えば、おバカな時代です。
あの頃のスキーブームは、バブルを背景に西武とJRと大手広告代理店とホイチョイ・プロが創り出したものかもしれません。 

そして、バブル消滅以降、何かとお金のかかるスキーが急速に下火になったのは当然のことでしょう。

yuzawa1

 「国破れて 山河あり」、「バブル弾けて リゾートマンションあり」。
こうして湯沢町にはバブル期に建てられた大量のリゾートマンションだけが残されることになりました。

yuzawa2

湯沢のリゾートマンションが激安になっていることは、私も知っていました。
バブル当時の価格に比べるとあまりに安いので、これを知った誰しもが一瞬手を出そうかと考えたのではないでしょうか。

yuzawa3yuzawa4

実際湯沢町のマンションを購入している人も少なくないようです。
割高な管理費や固定資産税、過疎化など、問題もないわけではないようですが、スキーが趣味で週末に別荘として利用している、そういう方は購入後も比較的顧客満足度が高いようです。

 yuzawa5

そう言えば、「私をスキーに連れてって」を監督した馬場康夫氏は前述したホイチョイプロの代表であり、成蹊大学時代は、安倍総理の同級生で親友なのだそうです。
アベノミクスであのバブル日本が再来するのでしょうか。
弾けてもいいから、一度「私をバブルに連れてって」ほしいものです。

yuzawa6
 人生ジェットコースター理論は実感してます
 
私をスキーに連れてって [DVD]
原田知世
ポニーキャニオン
2003-11-19





別荘を買って気づいた大切なこと
有栖川 豪
General Intelligence
2014-07-11

パッカーズ5点リードで、4Q残り2分9秒。
負けているシーホークスは当然ターンオーバー狙いでオンサイドキック(ボールを転がすキック)、解説者によるとオンサイドキックの成功率は25%以下だということですが、その25%が出てしまいました。
タイトエンドの86番が高く跳ね上がったボールを取りに行き、それをはじいてシーホークスの選手にボールを確保されてしまったのです。

 packers

前列のラインはボールは後列に任せ、敵のブロックに徹するのはオンサイドキックの鉄則です。
これはプロにあるまじき凡プレイ、まさにボーンヘッドでした。 

しかし、問題はこれだけではありませんでした。

意気消沈したディフェンスはシーホークスにやすやすと守備網を突破され、タッチダウンを与えてしまいます。
これで、1点差でシーホークスリード。

TFPがキックの1点なら2点差になり、もしパッカーズが最後の攻撃でフィールドゴール(3点)を成功させれば、再び逆転となります。

シーホークスはキックはせず通常のプレイで2ポイントを狙いにきました。

QBがパスをするプレイは完全に崩れたかに思われましたが、苦し紛れに逆サイドに投げたパスがエンドゾーン上にいた選手に通ってしまったのです。
これが最悪でした。

この後パッカーズのキッカーが、48ヤードのフィールドゴールを成功させて同点にしましたが、延長戦のシーホークスの最初の攻撃でタッチダウンを奪われて、パッカーズは信じがたい逆転負けを喫しました。

後半戦、キッカーだけはプロの仕事をしましたが、パッカーズのディフェンスはほんとうにだらしなかった。
「モメンタムは怖い」とはいいますが、相手の力が上ならともかく、気持ちで負けてしまうのは本当に悔しい。

パッカーズ対コルツ。
スーパーボウルは老舗同士の対決を夢見ていたのですが、現実はペイトリオッツ(ここも古いけど)とシーホークスとなりました。

決勝はペイトリオッツが勝ってQBブレイディが引退の花道を飾ることになるのでしょうか。

bready






 

このページのトップヘ