Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。









洞窟の中で見た断層は、秩父盆地の南側の際のもの。

c1

東側の際にも断層があります。

c2

この2か所の断層が生み出した日本を盛り上げたものとは?

c3

タモリさんたちは東側の断層から3km離れた市街地にやってきました。

c4

ここを案内するのは、小鹿野高等学校の小幡喜一先生。

c5

秩父には34か所の札所があります。

c6

札所:心の安らぎを求めて巡礼するお寺やお堂
参拝のしるしに札を納める
四国は八十八か所が代表的

c7

江戸時代広く知れ渡っていた「日本百観音霊場」は、3つの巡礼コースからなります。

c8

清水寺を含む西国三十三か所と浅草寺を含む坂東三十三か所。

c9

そして、三つめは秩父三十四か所です。

c10

実はこの秩父の札所は断層と深い関係があります。

c11

秩父の札所19番、龍石寺にやってきました。

c12

岩が露頭している。

c13

江戸時代の記録では龍石寺は岩の上に直接建っていた。

c14

不自然に表れている岩は何なのか?

c15

外から見ると寺が岩の上に建っているのがわかる。

c16

ところどころチャートがある。

c17

この寺は盆地の東側の断層によって生まれたもの。

c18

今いる場所は断層から3km離れていますが、岩は断層の硬いチャートと小石が混ざっています。
なぜなのか?

c19

東の断層が上がった時にがけ崩れがあり、大量の土砂が3km離れたここまで流れてきた。

c20

1600万年前、秩父は海の底だった。

c21

南と東の断層が動く。

c22

その際、東の断層にがけ崩れが起きる。
粉々になったチャートは土砂を巻き込みながら3km先までたどり着く。

c23

海の堆積物が厚く積もり、その重みで時間をかけて硬い巨大な岩の塊になる。

c72

やがて土地が隆起して秩父は陸地になる。

c25

川が流れて浸食が始まる。

c26

堆積物は削られていくが、硬い岩の部分は残り、姿を現す。

c73

断層によってできた珍しい地形を昔の人は畏敬の念をもって接した。
そして、札所になった。

c29

秩父には断層など自然が生み出した不思議な地形がたくさんある。

c30

続きを読む









荒川にかかる秩父公園橋からスタート。

c1

地質や地学に興味がある人なら、秩父は必ず来る場所らしい。

c2

秩父といえば芝桜が有名。
一応知識はあるが、秩父初訪問の二人。

c3

埼玉県の西、関東山地にある秩父。
都心から特急電車で1時間半。

c4

年間900万人が訪れる関東有数の観光地です。

c5

秩父公園橋と撮影隊。

c8

秩父盆地の景色。

c7

四方を山で囲まれた盆地です。

c12

旅のお題「秩父はず~っと日本を盛り上げた!?」

c9

そう言われてもピンとこないw

c10

案内人は埼玉県立自然博物館の井上素子さん。
秩父の地形や地質に詳しいそうです。

c11

秩父といえば、名峰武甲山。
あいにくの天気で見えない。

c13

晴れているときの武甲山。

c14

削られている?

c15

大正時代からセメントの原料になる石灰岩の採掘がはじまる。

c16

昭和30年代には全国1位の採掘量を記録。
今までに5億トンの石灰岩が掘り出されています。

c17

武甲山の石灰岩から作られたセメントが高度経済成長期のインフラ整備に使用されました。

c18

秩父の武甲山は都市の発展を盛り上げていった。
確かに関東の人間の脳裏には必ず刻まれている”秩父セメント”の名。

c19

石灰岩はサンゴからできる。

c20

ということで、秩父の地質や地形を学びながら、秩父がどのように日本を盛り上げていったのかを見ていきます。

c21

まずタモリさんたちがやってきたのは武甲山のふもと
なぜサンゴでできた石灰岩が山奥にあるのかを解き明かします。

c22

高さ65mの自然の崖。

c23

石灰岩は近江アナの予想と異なり硬い。

c24

一方で火山帯を作っている玄武岩もある。

c25

続きを読む









ロケ地:高田馬場

新宿区は東京の中で最も外国人の割合が高い区で、約130か国の人間が暮らしている、というお話。

h1

ゲストはクリス・ペプラーさん、

h2

上坂すみれさん、

h3

吉田靖直さん。

h4

「生麦生米生卵」は日本の早口言葉。

h5

今回は世界の早口言葉を紹介し、新たなコミュニケーションツールとしての可能性を探ります。

h6

上坂すみれさんは、ガールズ&パンツァーのノンナ役など、数々のキャラクターを演ずる人気声優。

h7

吉田靖直さんは、ロックバンド、トリプルファイアーのボーカル。
タモリ倶楽部2度目の出演。

h8

英語以外にも16か国語が学べる言語喫茶ミッキーハウスから、4人の外国人講師を招いてお送りします。

h9

まずは、イタリア語。
講師はアレッシオ先生。
現在はACミランサッカースクールのコーチ。

h10

イタリア語にも早口言葉はある。

h11

代表的なイタリアの早口言葉。

h13

イタリア人にも紛らわしい「l」と「r」の発音。

h14

この2つが混在していることが、この早口言
葉を言いにくくしている。

h15

途中で挫折しているが、「頭の中で言っている」と言い張るw

h16

ちゃんと言えているのかはわからないが、それっぽさは超一流w

h17

街頭のイタリア人にこの早口言葉を言ってもらう。

h18

だいたい途中で噛むが、ちゃんと言える人もいる。

h19

最後に上坂さんトライ。

h20

可愛いから合格w

h21

次はロシア語。
講師はタチヤーナ先生。
来日16年。

h22

なじみがなさそうで、ロシア語由来の外来語もある。

h23

上坂さんは上智大学外国語学部ロシア語学科卒。
字幕は日本語だが、ロシア語で先生と会話している。

h24

高校生の時にソ連の国歌を聞いて、カッコイイと思ったのがロシア語を学ぶきっかけ。

h25

タチヤーナ先生とソ連の国歌を合唱w

h26

ロシアの早口言葉。

h27

舌で弾くР(エル)と弾かないЛ(エル)が連続しているところが難しい。

h28

巷のロシア人に早口言葉を言ってもらう。

h29

言えなかった時のリアクションは日本人と同じ。

h30

ここで特別企画、上坂すみれのロシアプロパガンダ。
ロシアの魅力を伝えるコーナー。

h31

続きを読む

このページのトップヘ