Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。









日本は技術が進んでいる国。

a1

海外の展示会では日本以外のブースはガラガラ。

a2

日本のブースは人がいっぱい。

a3

日本の宝石加工技術は世界トップレベル。

a4

 3大カラーストーン パライバトルマリン

1980年代ブラジルのバライバ州で採掘。

a6

パライバトルマリンに魅せられるマツコ。

a7

お手頃価格、1700万になっておりますw

a8

熊谷市民のプライドが…w

a9

次のはもっとすごい。

a10

マツコに負けない存在感。

a11

80カラットのパライバトルマリン。

a12

お値段は言えませんが、4,5億円はイイ線です。

a13

1300万の指輪。

a14

インド人宝石商の術中にはまるw

a15

カピル「(小声)2,3000万になっても全然おかしくないです」

a17

思いが千々に乱れすぎて、言ってることがおかしいマツコw

a16

 3大カラーストーン アレキサンドライト

この石を扱っていれば、超一流の宝石商。

a18

アレキサンドライトゥです。

a19

この石は数がないので、一気にトップ見せます。

a20

3カラットのアレキサンドライトゥ。

a21

1カラットでもなかなか出ない。

a22

お買い得の2000万w

a24

光によって色が変わる。
日光・蛍光灯では青緑。
白熱光では赤。

a25

続きを読む









「宝石の世界」の案内人は”日本で100億円以上の宝石を売り上げたインド人”カピル・ミタルさん(46)。

a1

マツコのピタルさんの第一印象w

a2

宝石業界の裏事情に意外に詳しいマツコ。

a3

カピルさんがまず言いたい事。

a4

赤い蝶ネクタイのインド人は怪しすぎるw

a5

カピルさんのプロフィール。

a6

世慣れたインド人w

a7

もともとは会計士だったカピルさん。

a8

来日当時のカピルさん。

a9

おだてると、安くなるシステムw

a10

 今までテレビで言えなかった宝石商だけが知る真実

日本の人気宝石ランキング。

a11

ダイヤモンドは宝石の王様。

a12

しかし!

a13

ほんとうのことを言っちゃったインド人宝石商w

a14

世界で採掘される宝石の大部分はダイヤモンド。

a15

ロシアには3000年分のダイヤが眠っているらしい。

a16

保身のため、最後はダイヤを持ち上げておくw

a17

マツコが買いたいのはカラーストーン。

a18

カピルさんのおすすめもカラーストーン。

a19

カラーストーンの良いところ。

a20

カラーストーンはこの10年で2200%の値上がり。

a21

ある石は100倍の値上がり。

a22

じらしテクw

a23

 3大カラーストーン タンザナイト

ダイヤの1000倍希少価値が高いタンザナイト。

a24

マツコが好きなカラーストーン。

a25

タンザナイトはアフリカ・タンザニアでしかとれない。 

a26

タンザナイト1粒2カラット。

a27

色が薄い。
タンザナイトは”タンザニアの夜”が語源。

a28

褒め合い合戦w

a29

続きを読む









次にタモリさんたちが向かったのは、城の南側。
実はここにも彦根が”イイね”となった驚くべき仕掛けが隠されています。

a2

その秘密は城の南側を流れる芹川を見ればわかります。

a3

真っすぐに流れる芹川。

a4

航空写真で見ても琵琶湖まで直線的に流れている。

a5

芹川は人工的に流路を変えた川。

a6

天保7年の絵図を見れば、元の流路が推測できる。

a7

不自然に曲がりくねった町割りは、川を埋め立てた痕跡。

a8

城の南側はもともと川がいくつも流れる湿地帯だった。

a9

これを1本にまとめたのが芹川。

a10

川を付けかえれば、水浸しでなくなり、新しい土地を得られる。

a11

家康はこの土地をある特別な目的に使おうとしていた。

a12

その目的を知るため、次の場所に移動します。

a13

当時のままの細い道

a14

江戸時代の建物。

a15

この家は足軽の屋敷。
家康は川の付けかえでできた土地に足軽たちを住まわせていた。
足軽:鉄砲などで戦う下級武士

a16

足軽は集合住宅である足軽長屋に住むのが普通。

a17

彦根の足軽は戸建てに住む特別待遇。

a18

売り物件の足軽屋敷。

a19

足軽屋敷に潜入。

a20

彦根の足軽屋敷:
広さ50~70坪
門構えのある庭付き一戸建て住宅

a21

なぜ彦根の足軽屋敷はこんなに広いのか?

a22

江戸時代の初め、彦根藩は特別な任務を与えられていた。

a23

それは京都の天皇の警護。

a24

彦根から京都まで、陸路で1日半。
琵琶湖から船で行けば6時間。

a25

いざという時のために常に軍勢を維持しなくてはいけない。
実戦で重要なのは鉄砲隊(足軽)。

a26

ゆえに、彦根の足軽は優遇された。

a27

続きを読む

このページのトップヘ